11月 月例登山 ボッカトレーニング

日時 2003年11月23(日)〜24日(月)
参加者 23日は6名、24日2名参加で8名
山域 福岡県 福智山山系
行程 23日 香春岳〜牛斬山〜赤牟田の辻〜福智山〜小屋泊
24日 小屋〜尺岳〜観音越〜田床峠〜市の瀬峠〜市の瀬西登山口〜権現山
    皿倉山〜帆柱ケーブル登山口
詳細

秋晴れ、360度の展望は飽きることがない。
23日JR小倉駅8時7分発(日田彦山線)

JR採銅所駅着8時50分〜五徳峠(4KM)〜荷をデポして香春岳三の岳の岩場コースを登る。
下りはファミリーコース。五徳峠に戻り牛斬山へ。防火帯の萱が刈られ歩きやすい。晴天のお陰で日差しが強い。木陰を選んで歩く。
牛斬山頂上は12時20分着。ここでランチタイム。

山頂には2パーティーいた。ひとつのグループはバイクで登っていた。ここはバイクで来ていいのだろうか?このあたりの防火帯の斜面すべてにワダチが出来昔から斜面は溝が数本出来ていた。バイクで登って来た彼らは決して感じの悪い人達ではなかったが自然を愛する者としては複雑な気持だった。

防火帯を上り下り何度繰り返しただろう、萱の藪となる。足元の登山道を見つけながら登る。後から声がする。ムベが沢山有る!取ってきて!と言って、切の良い所まで登て待つ。ムベは赤紫(ワイン色)に熟し割って食べるのだが砂糖の様に甘い。アケビに似ているが、本で調べるとアケビ属、ムベ属と区別するそうで,昔は宮中に献じるほど珍重されたそうです。
そろそろ歩くのも飽きてきたころ。頂吉からの分岐に着く。後30分で頂上だ!
頂上直下が急登で今日の行動で一番辛い所。16時5分着。360度の誰もいない静かな頂上は我々だけのものとなる。

今日はテントをやめて小屋に泊まることにする。
夕食はとり鍋。うどん。ビールで乾杯!

24日 5時起床。7時出発 尺岳 8時10分。
秋晴れ。樹林の尾根歩き。
ここから樹林の尾根道をただひたすら歩き続ける。落葉を踏みながら足に優しい登山道。展望の無い登山道では昼食のコーヒーが楽しみの一つ。今日入山した仲間と市の瀬峠で会う。福智山から皿倉平まで約17KM。 登山口(シャトルバス乗り場)まで2KMで全19KM.。15時35分に下山した。
長い縦走路だった。