5月月例登山 春山合宿
日時 2003年(平成15年)5月2日〜5日
参加者 13名
山域 白山 石川県
行程 別当出合〜室堂〜御前峰(白山)〜南龍ヶ馬場〜別山〜チブリ尾根〜市ノ瀬
詳細
5月2日(天候晴天)

20:00小月ホンダを定刻に出発。
以後、約2時間刻みで宮島、吉備、西宮名塩、賤ヶ岳SAで運転交代と
休養を繰り返し5月3日6:00に福井北ICに到着。

5月3日(天候晴天)

福井北ICから国道416号線〜157号線を経て
7:40市の瀬経由別当出合に到着。

下山に備えて車一台を市ノ瀬に回送する。

8:30別当出合から砂防新道に取り付く。しばらくして雪道となる。
シールをつけた山スキーパーティーと抜きつ抜かれつしながら甚之助ヒュッテを目指す。
甚之助ヒュッテは雪に埋もれているが、雪解けした屋根が絶好の休憩所となる。
甚之助ヒュッテから夏通と別れ、滑降する山スキーヤーとすれ違いながらまっすぐ沢を詰め
エコーラインが通る尾根に出る。
やっと御前峰の勇姿を遠望する。
ここまで約4時間、広く、緩慢な登り尾根をよろよろしながら室堂を目指す。
暑い! リーダーのザックにぶら下げた温度計は30度を超えている。
14:30室堂センター着。


 室堂

予定では今日は室堂泊まり。
早速、センターの係員にテン場を尋ねると「室堂は幕営禁止、
30分ほど下った南龍ヶ馬場ならOK」との返事。
一同がっくりするが、とりあえずザックをデポして御前峰を目指す。
ガイドブックでは往復1時間とあるコースを1時間かけて登る。
白山山頂は360度の大展望。疲れが吹っ飛ぶ。


室堂センターから南龍ヶ馬場へのコース取りで意見が分かれるが、
リーダーの決断で登りのトレースを引き返す。
尾根の末端から色とりどりのテントが点在する南龍ヶ馬場を見下ろすが、
足元からテン場まで足を滑らせば間違いなく下まで滑り落ちる急斜面が続いている。
おまけに斜面の上部にはあちこちにクレパスが口を広げている。
滑落と雪崩の恐怖に足がすくむが何とか下りきる。
急斜面直下に東京パーティーのテント2張り。
雪崩の危険を避けて小さな谷を一つ越えた平坦な場所をテン場とする。
時刻は17:50、出発から9時間20分の行動。
幕営後の冷えたビールに一同歓声を上げて疲れを忘れる。
体は疲れを忘れておらず、食事後は焼酎一口でそそくさとシラフへもぐり込む。


5月4日(天候晴天)

夜中に見上げた美しい星空から晴天を予想していたが、本日もピリカ晴れ。

4:00起床、雑炊をかき込み6:45凍った雪面をアイゼンで踏みしめながらテン場を出発。
ガイドブックに従って目の前の2244m峰を直登する。
頂上からは大展望。
剣岳、立山連峰、槍・穂高連峰、乗鞍岳、御嶽山を確認。
2244m峰から別山まで快適な稜線歩きとなるが、
東斜面に張り出した雪庇にはいたるところに亀裂が入っている。
西斜面が切れ落ちている大屏風も東斜面をトラバースして難なく通過して
9:55御舎利(おしゃりさん)山頂に到着。
弥陀ヶ原から別山
足に馴染んだアイゼンを脱ぎ、ザックをデポして別山へ。
10:15別山山頂。
御舎利山に引き返し山頂で大休止後、
11:15千振尾根の下降開始。はるか下方にチブリ尾根避難小屋が見える。
頂上付近は急斜面だが夏道が露出していて快適に下る。
しばらくして再び雪面に出る。
足を滑らせると下山高度を一気に稼ぐ危険があるため、再びアイゼンを付ける。
急斜面も長くは続かず、後はひたすら歩くのみ。
12:15チブリ尾根避難小屋着。小休止後、再びひたすら尾根を下る。
若葉が芽吹くブナ林を下ること3時間で細谷川の川原、更に1.5キロ歩いて
16:10市ノ瀬キャンプ場に到着。
本日の行動も前日とほぼ同じの9時間35分。
テン場は6月から営業とのことから、水もトイレも使えるにも拘らず「使用料は不要」。
テントを設営してまずは白山温泉を体験。
宿先には「日本秘湯を守る宿」の看板。
沸かしや循環無しの純温泉を楽しむ。
夕食は快晴につき屋外ですき焼きを楽しむ。
今日も焼酎が進まず一堂早々とシラフにはいる。

5月5日(天候快晴)

白山参りに永平寺参りを付け加えようと4:00起床、
5:35出発。往路を戻って
6:50永平寺着。杉林に囲まれた荘厳な雰囲気に一同感激。
早朝にも拘らず見学者入り口には黒染めの法衣をまとった若い修行僧が待っており、
我々を案内してくれる。
永平寺での体験は一同心に深く刻まれた貴重な体験であったが、
山登りには無縁の話なので本記録からは除外する。詳しくは参加者に尋ねられたい。
筆者の意見、死ぬまでに一度は必見。

8:00に永平寺を発ち、ひたすら往路を引返す。
18:15懸念した渋滞もなく往路と同じ約10時間で小月ホンダ到着。
一人2万円の会費が5千円も戻ってきそうな経済的な春山合宿無事終了。