9月月例 集中登山
日時 平成15年9月13日(土)14日(日)
参加者 15人
山域 宮崎県 雌鉾岳 比叡山
行程 比叡山 第一スラブ(ノーマルルート)  雌鉾岳 美しいトラバースルート
比叡山 第一スラブ(ノーマルルート)
9月13日(土) PM:7:00 下関集合 
 台風の影響で先発組も後発組に吸収され月例参加者全員総勢15名、
車4台の大移動となった。
下関IC〜九州自動車道〜熊本IC〜鉾岳キャンプ場に深夜着。
 
 
9月14日(日)はれ 朝食、テント撤収。
雌鉾岳組7名、
ウォーキング組1名と別れ、
比叡山の駐車場に移動。
トイレ側の駐車場に車2台駐車。
クライミングの準備を各自始める。(このトイレなんと水洗!)

 AM:8:00 1ピッチの取付 
 クライミング開始第一スラブの取付は駐車場の左側金網フェンスの切れ目から回り込んだところ。
1ピッチ目はトップ2名とし、3名と4名にわかれ登る。
セカンドは同時登攀とするのでトップはザイル2本をセット。

1ピッチ目トップで登るUさん
ルートの左のブッシュに2ピッチ目のビレーポイント。
報告者ラストで登るとトップはすでに2ピツチ目を終了していた。
ザイル2本のセットは重いので2ピッチ目から一人ずつの登攀とする。
みんなの軽快な登攀を見上げるとその上の秋晴れの空にでっかいひこうき雲が斜めに走っていった。
Yさんと「秋だねぇ〜」としばし感傷にふける。
2ピッチ目は10m程度のホールドもスタンスもしっかりしたスラブルート。
自信もって登れた。
先週のトレーニングの効果かななどとちょっと余裕(^^)v
  
2ピッチ目                 3ピッチ目を登る会長          矢筈岳をバックに懸垂下降中のYさん
 3ピッチ目のビレーポイントは狭いがここで5人待機。
みあげるその先のルートはカンテ登りでなかなかのロングピッチ。コールも聞えないらしい。
「難しそう」「行けんかも・・・」「だめー」「どうするんじゃー」「張ってー」という声を残して
結局みんなそれぞれに核心部を克服しその先へ消えていった。
左手をふと見ると第一スラブ(スーパー)を登る後続のパーティーが追い越していった。
さてさてラスト報告者の番。「行きマース」と一応コールを送り登りはじめる。
いきなり「これって・・・」というところもあったがもうだれも相手してくれる人はいないので
我慢して登りなんとかクリア。諦めが効いたのかその後も順調に登る。
いよいよ上部のカンテ右のスラブ。
落ち着いてよく見るとちいさいスタンスもあるので思い切ってザイルの流れどおりに進む。
高度感もあって足が震える。「えーん」と泣きが入りそうになった時、テカテカにひかるホールドが目に入り
一気にクリア。はっー。みんなの待つ亀の甲スラブ下のテラスに到着。
 PM:2:00しばし小休止の後、ここから懸垂で下降開始。
本日の比叡山クライミングはここまでとした。
着地点よりすぐにフェンス脇の小道にでる。
水場で喉を潤すが蚊の襲撃にあい早々に退散する。
ラストにザイルを回収してきたUさんとHさんを待ってみんなで乾杯、比叡山組の登攀を終了した。          
(報告者 みなみ)
雌鉾岳 美しいトラバースルート
9月13日(土) 当初出発は11日から出かける予定が台風14号の為に13日の出発となる。
PM7時下関IC出発〜熊本IC〜鹿川キャンプ場着PM11時50分

テント張りもそこそこにまずはビールで明日の登攀に向けて乾杯!
一杯が二杯と飲みに入ると息もぴったりだが、明日のメンバー構成を決めると、
いつもと違って みんなさっさと寝てしまった
9月14日(日)  AM5時起床7時30分出発 朝食 うどん
ここでは雌鉾岳の美しいトラバースルートをまずは報告
キャンプ場の入り口を出て右の林道を登っていくと鉾岳登山口と小さい標識がある。
30分で大きいスラブの岩の取り付き、ここで靴を履き替え装備を整える。

 1ピッチは這って登る。ボルトでビレーを取る。

 2ピッチはまたまた這って登る。ここは僅かなスペースに草が付き、木でビレーを取る。

 3ピッチは少し斜めに這って登る。滑ると大根おろし状態になる。

 4ピッチはいよいよ美しいトラバースの始まり、
  バンドから少し下り気味にバランスを 取りホールドとスタンスを選びながら行く。
  ここがトラバースの核心部。
  大きなバンドへ向かっていく。
  ここで大休止。
  ここまでは二人のパーティー。
  次からは後の二人を待って四人パーティーになる。
  ここで心地よい風に当たりながら展望を楽しみ、1時間50分位待つ。
  後ろから来る3人に追い付かれないように出発

 5,6ピッチはアブミを使っての人口登攀になる。
  何十年ぶりで戸惑うこともあったが愚痴も言わず よく頑張ったと思う。
  草、樹付きの大きなバンドに着く。
  ここで水分補給。
  ここで20分位休憩。
  四人揃うのを待つ 。
 次の3人の姿を確認して出発

 7,8ピッチはフリーで登ると頂上である。バンザーイ!

 天気は最高!気分も最高!岩登りの醍醐味を知る充実した記念すべき日となる。 (記録:市橋)