平成16年5月春山合宿
平成16年5月2日(日)〜5日(水)
伊藤(記録)、宮元(装備)、木村ャ(食料・会計)、大迫、林(担当・CL)
長野県 中央アルプス 木曽駒ヶ岳〜宝剣岳〜空木岳
5月2日

AM 9:15 小月ホンダ出発。小月IC〜中国道・名神高速道・中央道〜駒ヶ根IC
風薫り、青葉若葉のみどり滴る景色を車窓から眺めながら一路信州へ快適に走行する。大津SAからの美しい琵琶湖の風景は格別で印象的だった。
大津を過ぎる辺りから渋滞になり、思うように走行出来なくなり時間が掛かる羽目になる。尾張一宮あたりで解消し中央道に入れば、駒ヶ根はもうすぐだ。
21:00駒ヶ根IC着(通行料16,450円)
21:15菅の台バスセンター着。
広い駐車場の奥にテントを設営し、今夜の宿とす。ビールで乾杯、味噌仕立ての鍋に舌つつみをうつ。
天気は下り坂で明日から大きく崩れそう。しかし望みをたくし24時シュラフに入る。
明け方から雨になる。
5月3日

AM5時起床。6:30朝食を済ませ、びしょ濡れのテントを撤収。
7:12菅の台バスセンター発〜8:00しらび平着(小雨、ガス)
駒ヶ岳ロープウェイにて 8:10千畳敷ターミナル着。
気温5℃、積雪1,7M 風速15M 
千畳敷ターミナルで登山届を提出。駒ヶ根遭対協の方からチェックがあり計画書はOKが出るものの登山規制の指導を受けることになる。
今朝 檜尾岳に出発し退去した人を連れてこられ気象状態の話を聞かされた。
このような情報なのでCLの判断でひとまず山中行動を見合わせることになる。
※今年すでに 宝剣岳周辺で4件の遭難事故が発生、5人が死亡。
  いずれも装備等は持っていたが、原因は技術不足と悪気象条件が重なった。
9:00 千畳敷カール上部まで(追悼の為)登りオットセイ岩まで行く。
10:20 ホワイトアウトの中を引き返す。
11:20 林、宮元、大迫、伊藤の4人で宝剣岳南稜の極楽平に向かう。
南稜直下の遭難碑まで雪の急斜面を直登し稜線に出ると猛烈な風が吹く。5分程下った所が極楽平。
これでは縦走出来る天候ではない。登って来たルートを下降する。
千畳敷カールでもピッケル無しの登山者3名に会いこのルートでも一人会う。
彼らは一体雪山を何と思っているのか、首をかしげたくなる。
13:15千畳敷ターミナル帰着。5人揃ったところで、天候回復が期待出来ないので撤退することになる。
CLの決断で13:40発でしらびそ平に下る。
バスの乗り継ぎ菅の台に14:30着。
明日の天候はまだ悪くなる予報なので帰途、伊吹山(1377M)に登ることになる。
15:55 予定が決まれば、まずは乾杯となり、早目の夕食を済ませ20時に就寝。
外はまた雨になる。
5月4日

AM3:30 起床。外は激しい雨になる。朝食・コーヒータイムの後
雨の中テント撤収。
5:05菅の台出発、降りしきる雨の中関が原ICに向かう。
天気予報は全国的に雨、行楽地はサッパリ。
7:35関が原IC〜8:00伊吹山上野登山口着。
スキーシーズンは賑わうであろうが雨のせいでひっそりしている。
8:40 雨具を着用し出発する。一合目〜三合目は青々した若草が広がるスキー場を登る。雨にうたれ可憐な高山植物があちこちに咲き誇っている。
時折、視界が開け新幹線の走行が見え名神高速道も眺望する。
五合目から上部は濃いガスに包まれ頂稜の山容は望めない。
雨の風も横なぐりになり、ただ黙々と登る。
12:00 伊吹山頂上着。記念撮影もそこそこにお堂に入る。登山者もまばらで、
彼らは伊吹山ドライブウェイから登って来た様子。
30分休み下山開始。登山道は雨で小川になって流れている。
13:40 五合目小休止後、一気に下る。登山口の観光案内所でグッショリ濡れた雨具を脱ぐ。
15:30 今日の幕営地へ移動。
琵琶湖の長浜市で夕食の材料を調達し、16:40〜17:45 大公温泉豊公荘入浴。
19:00 雨を避け道の駅《近江母の郷》にてテントを張る。
今夜で最後の夜なので牛肉と野菜の煮込み鍋と大公が愛した「ねね」本醸造で
夜の更けるのを忘れ語る。
5月5日

AM5:00 起床。琵琶湖湖畔の清々しい空気に朝のコーヒーが旨い。
6:25 彦根城に向かう、7時から40分早朝の城から市街と琵琶湖を眺めた後、
名神彦根ICより帰途に着く。
9:25西宮名塩SAに着いたころ、天気も回復し青空が広がる。
10:50〜11:30 中国道 勝央SAにて昼食。
16:20 小月ホンダに無事着。
※ 持参したそれぞれの装備の点検をすませCL林さんの挨拶で解散する。
   雨に祟られた春山合宿でしたが、こじんまりしてパーティの纏まりよくとても   
   楽しかった。
   参加者のみなさんお疲れさまでした。     (記録 伊藤隆文)