県岳連登山大会
寂地山記録

日時 2005年1月29〜30日

山名 山域 犬戻し峡〜寂地山

参加者 先発隊参加者は4名 (川口 宮元 篠田 林)

1月29日 小月8時30分出発〜厚狭にて篠田氏と合流。小郡IC〜六日市IC 
11時15分犬戻し峡入り口東屋の手前10分の所着。ここへ駐車。
車内では明日からこの冬一番の寒気が入り込むのがウソのような
ポカポカ陽気。
今晩は小雨が降るらしい(雪ならいいが)

11:35 登山出発〜犬戻し峡〜林道終点、で休憩13:45
林道の雪は暖冬で解けていた。大幅に時間短縮で楽が出来た。
一瞬、今日中に山頂にいけるかと思った。

15:20 道標《山頂まであと1km》着。ここにベンチあり。
今日中の頂上着はあきらめ、此処で幕営。
テント設営後,カラ荷で山頂までトレースをつけようとの意見も出たが、
明日の楽しみに残し、宴会に突入した。

20時頃からみぞれが降り出した。夜中もみぞれがテントを叩く音が
していた。明日朝には止むだろう。
冠山の夜行登山はこのみぞれ雨では無理だろうと想った。


1月30日 天候は曇り。起床5時 
昨夜のみぞれ雨も上がり、寒波の到来も一日延びた模様、
うどんで朝食。
行動に必要なものだけをザックに詰め夜明けを待って、行動開始。

7:17 登山開始。積雪2m
頂上へ直登。ラッセルを4名で交代。楽しい1時間。
青空になり振り返ると、下界の町並みが遠くに良く見える。

8時17分 頂上着。
山頂人の気配無し,踏み跡無し、本日一番乗り!
後から分かった事だけどUACのパーティーが頂上直下の分岐に
昨夜からテントの中で待機していた。
記念撮影を携帯で取ろうとしたら、バッテリーが低温で完全に上がる。

11時開始の集合まで、時間があるので、冠山へ向かう。

9:00 冠山パーティーに出会う、労をねぎらいあい、
ここからは3人で冠山へ向かう。

9:55 冠山の登りで、タイムアウトとなり引き返す。
途中、宇部、山口の山岳会員が続々と寂地山頂を目指して登って来た。

11:05 寂地山頂上にて、昼食

12:00 研修=埋没をビーコンとゾンデで体験

参加しての感想;
埋没体験は雪崩の恐怖がよく分かった。
ビーコン操作は慣れが必要と想った。
スノーシュー体験は自分でも使用したいと想った。

12:40 研修終了、解散。 12:45 下山出発。
15:00 駐車している所へ着く
19:00 小月着。 解散            記録 林