個人登行 

九重連山《三俣山・涌蓋山》



残照の三俣山


山 名 三俣山 ・ 涌蓋山
日 時 平成17年 1月9日〜10日
参 加 者 5名
宿 泊 山郷の湯 旧すがもり小屋 (冬季素泊り、3300円) 快適!
行 程
1月9日  下関7:00出発〜椎田道路〜豊後森〜九酔渓〜長者原10:40着
九重連山は、年末からの降雪で、真っ白な雪化粧になりました。
長者原登山口出発11:30〜すがもり越13:25着 休憩 13:40出発
長者原登山口   雪たえまなく降る登山道 
硫黄山道を行く
 すがもり越小休止


三俣山西峰14:15 着 頂上は北西の風強し、気温−4℃で視界不良。
地吹雪に見舞われ、下降点を見失うほどでした。
「弥山(鳥取県の大山)の頂上付近と変わらない厳しさではないでしょうか」
と感想をもらしていました。
雪山で視界が悪く、ルートが分からなくなった時ほど不安になるのは
誰しもではないでしょうか。ちょっと待てよ!で今回も
地図とコンパスに助けられました。
すがもり越15:15 〜 長者原16:25着
下山中,硫黄山道から見上げる頂上は夕日に照らされ、
先ほどの地吹雪はうその様だった。

すがもり越の愛の鐘
残照の三俣山
夕暮れの三俣山

今日の宿泊地 山郷の湯 すがもり小屋へ
美味しい鴨鍋で乾杯!



1月10日 地蔵原から涌蓋山
風も無い穏やかな天気。

涌蓋山への登り  深雪の中を登り汗も出る 一面白銀の世界 頂上近し


地蔵原登山口9:55〜涌蓋夫婦越え10:15〜涌蓋山山頂12:15
積雪は深いところで50〜60pあり、先発パーティーのトレースが
あったのでラッセルはしなくてよかった。
2時間15分の急登で汗が額から流れました。
頂上直下で聞いたお昼のメロディーサイレンは《坊がずる讃歌》でした。
広々とした九重の山々に、あの美しいメロディーが冬空に響きわたり、
心休まる気持ちになりました。

青空広がる涌蓋山頂上 昨日登った三俣山を望む 美しい樹氷咲く 地蔵原に下る
山頂では風を避け、ツエルト内で温かいコーヒーとあべ川餅で暖を取り
ゆっくりと大休止。
雪の九重連峰の魅力は限りなく、登る人に感動を与えてくれます。
二日間の山行きを終え参加者は充実感にひたり家路につきました。