山行記録in傾山




傾山をバックに


山域 祖母・傾山山系
日時 平成17年5月12日(木)〜13日(金)
参加者 萬谷、大隅、長府大乗寺柴田住職
目的 曙ツツジ花鑑賞

5月12日 12時萬谷で長九州自を臼杵ICにて下車
街道を三宇目の駅



より県道6号を木浦鉱山〜杉ケ越〜見立渓谷にくだり
上川部落民宿河鹿に18時


民宿河鹿荘


今夜の泊まり客は我々3名のみ
風呂にはいりつかれをとり夕はヤマメ、山菜のてんぷら、その他
カジカの鳴く声をさかなに焼をいただく。
宿のご主人もとてもいい人だ、
明日の出発を5時30分とし、朝2食分の弁当をお願いする。
宿賃、ビール大1、焼7合、弁当2食、1人たり6000円。安い!又たいところだ。


5月13日 予定り出発。ケ越に戻り黒林道にはいる
登山まで約1時間し車の底をこする。
登山口にて登山にはき替え、6時55分登山〜水場
7時30分九

九折越にて


途中の道も台風にやられたのかあれている、
ここで朝飯7時50分これより東へ山頂をめざす。
原生林ゲンセイリンとスズタケの混じった尾根をゆく、
ツ目のピークセンゲンを越し、しばらく行くと杉に下る分岐点がある
ここまで見えなかったアケボノツツジが山頂付近に咲いているのが見えてきた
ぐ急坂を上ると後にでる、
、眼に本の岩がそそり立
鞍部に曙ツツジが咲き乱れている、
丁度が満開のようだ山頂は東西に長い岩峰

                     
※山頂及び山頂付近のアケボノツツジたち
                       


西を望めば祖母山を中心に右に大障子、前障子、左に本谷、笠松山その向こうに
連山が東南の方向には大、鹿の山々が雄大に横たわる。
山頂9時40分
展望を楽しんだ後、後との鞍部でコーヒタイムとする。
10時35分下山開始経由水場へ11時55分昼食をとる。
た道を登山へ12時50分林道を下り杉ケ越を通り
宇目の駅にて休憩〜臼杵IC〜別府SA(休憩)〜宇佐〜椎田〜小倉
下関IC18時30分長府
登山でたった一にであったのみ。
静かなよき山きだった。
最後に御した柴田様より感想をいただいたのでご披露いたします。

   ツツジにあって      《 感想 : 柴田俊 》



傾山山頂にて


5月12日大隅、萬谷両氏に同して祖母に向かった 
、赤松と新緑の中黄緑の林を気持ちよく三人で登り始めた。
で一みして右に、山道は緩やかに登り一をブナやもみじの様
木々が覆っていた。
ツツジは五月連休が満開との事だったが山頂下
の登りがきつくなった所に曙ツツジがやっと見えてきて、
頂上へ行くほどに木は太く樹高は高く曲がりくねっている
はツツジ、それも高に生えているというのでミヤマキリシマの様な低
さな花を想像していたがその花はうすピンクで大きく
にたわわに密集していた。回りの若葉の色との組合せがとてもすばらしく
しばらく座って見入りました。特に山頂すぐ下急斜面
に山頂すぐ下急斜面にはまだ沢山の曙ツツジが咲いて、
よくこんな所で生え育ったその色と大きさに感動しました。
健康のためと登山を始めて三年目、経験かな先輩たちに出会
山登りの楽しさに気づきはじめているところです。