2005年7月例会登山
祖母山沢登り
アキキリ谷・センスジ谷
日時 7月16日〜18日(月)
参加者 宮元 市橋(記録) 原田俊 藤田美(食料) 林 安達(会計) 宮森(記録) 撰定 佐伯
山域 祖母山・傾山山系 沢登り アキキリ谷とセンスジ谷
行程記録
7月17日(日) 5時起床
6時30分 尾平トンネル入り口駐車場へ車一台廻す
7時出発
7時25分アキキリ谷入り口着
アキキリ谷入り口
7時35分 渡渉開始      
7時50分 5m の滑滝を巻く
途中サンショウウオ発見   
8時20分 大滑床に到着 休憩    
8時30分 快適に大滑床を遡行       
9時     14M?大滝(本日圧巻) 9時55分分岐15分休憩 
10時10分出発 50Mの落差を登る、
10時30分谷と離れ、尾根に向かって藪こぎ
11時10分 尾根の途中にて、靴履き替え
シャクナゲの樹木が沢山あった、
今年の開花の時期はさぞすばらしかっただろう
12時ちょうど縦走路へ飛び出す。尾平まであと30分位手前だ。
昼食お湯を沸かして、コーヒーを呑む。25分休憩出発
12時25分出発
12時50分尾平分岐着 ここで北と南へ分かれて尾平トンネルへ下る
13時10分北コース(尾平側)着。15分後南コース(高千穂側)到着
トンネルの中は別世界とってもすずしい!
トンネルの横には沢があり、冷たい水が流れている。
ここで汗を流す。
ここの駐車場は展望がよく、祖母山〜宮原〜池の原〜大障子岩〜小障子岩山等見渡せる。
今日はここにテントを張ることにする。
14時から大宴会となる。
夕食のメニュー
豚汁、ごはん つけもの えだまめ ゴーヤチャンプル
 ししやも めざし もやしとウインナーの炒め物
タマネギとツナのサラダ等やたらと食べ物が多い。

ダイエットどころではない、モリモリと食べてしまった。

ほとんどの登山者が引き上げてから、草の上にテントを張る。

8時30分には就寝

明日は明るくなり次第起きる事にする。


7月18日(月) 晴れ (薄くもり)
5時起床 (5時30分には登山者が車を廻しに来る。) テント撤収
朝食 ご飯と味噌汁 つけもの 
6時30分尾平の駐車場へ移動。車を一台尾平トンネルの駐車場へ廻す

7時15分センスジ谷へ向けて出発

奥岳川の一つ目の吊橋(宮原コース)を過ぎるとすぐの谷
7時35分 センスジ谷遡行開始
センスジ谷入り口
 フリクッションで
この滝は左岸を高巻く
滝を3つ高巻きしたようだ。沢にもどり、下方を覗くと滑滝の素晴らしい眺めだった。
やがて滑床を快適に進む。水しぶきを受けながら、登る
階段状の小滝を登る
滑床を快適に登る上部には少し傾斜があるが
ここもフリクッションで水しぶきを上げて登る。


左俣の谷に入ると、最後は岩登り状態になり、左の尾根へ逃げる。
ここで、マムシに出会う。とぐろを巻いていた。
痩せ尾根にて、靴に履き替える。
30分くらい岩のある急登の尾根を行くやがて平坦になり
スズ竹とアセビの樹林に出ると縦走路だ。
10時10分に登攀終了。
 縦走路で大休憩。  枯れ木にびっしりときのこが
                                         名前はヒラタケだそうだ
下山は尾平分岐でまた北と南にコースを分かれて下る
11時20分にトンネルの駐車場へ。ここで昼食をとることにし、直ちに準備にとりかかる。
12時丁度に昼食の具沢山の冷麺を。デザートはすいかで、良く冷えて美味しかった。
食料担当さんおつかれさま! すべて大変おいしかったです。体重が2キロ位増えたかも。
13時帰還出発。
尾平〜清川村〜三重町〜バイバス(犬飼町は通らない)〜大分米良IC〜別府IC〜椎田道路
〜新門司〜関門トンネル〜下関着
18時5分〜25分着 18時30分解散。  

 
※天気も良かったし、楽しい沢登りだった。
  やっぱし夏は沢登りに限るねっ!