2006年1月月例登山
1月8日(日)〜9日(月)

大船山より立中山〜白口岳〜稲星山〜中岳〜久住山


山域
阿蘇くじゅう国立公園 九重大船山
日時 1月8日(日)〜9日(火)

参加者
4名 宮元(装備) 林 撰定 佐伯(記録)

 
目的・コース 正月登山
長者原〜雨ヶ池〜坊がづる〜大船山〜坊がづる テント泊
坊がづる〜法華院温泉〜すがもり越〜三俣山西峰〜すがもり越〜長者原


1月7日(土)20時下関出発〜23時30分長者原到着
    駐車場にて、テント設営、(駐車場のトイレ使用不可)
    積雪15cmあり寒かった。
1月8日   朝6時30分起床 軽く食事を取る。
            九重山の景色が素晴らしい!

長者原駐車場にて三俣山はガスの中

8時30分長者原のガイド犬平治号像の前を出発。
      雪の自然遊歩道を今日の宿泊地坊がづるまで、ボッカである。

雪の樹林帯

      テントが重く20s以上あるように感じる。
10時10分 雨ヶ池にて休憩。天気が良く、大船山、平治岳の雪山がすばらしく綺麗だった。

雨ヶ池にて

11時30分 坊がづるに到着。(「坊」は寺院で、「づる」は川のある平坦地を示す。)


平治岳をバックにテント設営終了

テント設営する。ザックに必要な物だけを入れて、
12時15分に大船山へ登山開始。


坊がづるより法華院温泉とあせび小屋、青空に浮かぶ中岳
13時40分段原到着。
大船山頂上14時25分着。−5℃足元直下の御池には氷が着いていた。
頂上ではガスも晴れ、涌蓋山、由布岳、鶴見岳、祖母山、傾山、等など。展望は360度。
14時55分 頂上出発。
下りはアイゼンを付ける。安心して歩ける。
18時5分テント場着。他に3張りのテントがあった。
炊事用の水道は水が出っぱなしで、お陰で水は使い放題、助かった。
夜は冷室テント下部の湿った部分が凍りついて、足が冷たくテントシューズを借りた。
お陰で温かかった。
1月9日   8時25分 坊がづる出発。
テントのフライは凍りつき一回り大きく、重くなっている。
法華院温泉〜すがもり越着9時45分。10分休憩
10時25分三俣山西峰到着。晴天。360°の展望景色最高!
11時すがもり越到着。 滑落停止の訓練をする。
12時40分 長者原駐車場到着。
14時帰関出発。
18時50分無事下関着。  
おつかれさまでした。  《 記録:佐伯 》