2006年5月3〜7日
雪倉岳スキー登山


GPSにて踏査地図
(クリックしたら見えるよ!)



雪倉

山 域:北アルプス 白馬山系 白馬乗鞍岳・雪倉岳(2610m)

日 時:2006年5月3〜7日

参加者:岡本他5名

目 的:スキー登山

コース:栂池〜白馬乗鞍岳〜蓮華温泉〜雪倉岳〜木地屋

記 録:
JR西日本の優待券利用のため、新大阪、金沢、富山、糸魚川、南小谷とJR西日本路線を乗り継ぎ、南小谷駅でJR東日本に乗り換え、夕方、五龍尾根麓の神城駅に辿りつく。ホテルシャレータケダで仲間と落ち合い、投宿。

白馬三山


5月4日
   無風快晴。ホテルから栂池高原スキー場ロープウエイ乗り場まで宿の主人に送ってもらう。
   途中、車窓から武田菱を浮かべる五竜岳や白馬三山が目の前に望まれる。
   主人の話では今年は例年に比べ1mは雪が多いとのこと。
   連休のみ運転されているロープウエイを乗り継ぎ栂池自然園まで一気に登る。

09:05 
     ロープウエイ山頂駅を出発。
10:50 天狗原到着。天狗原はヘリスキーのメッカ、ヘリコプターがひっきりなしにスキーヤーを運んでくる。
     目の前の白馬乗鞍岳の大斜面には大勢が蟻のように登っている。
     ザックをデポして白馬乗鞍岳の頂上を目指す。
12:00 白馬乗鞍岳山頂。1時間の登りも5分の滑走で帳消し。
12:35 天狗原出発、振り子沢コースで蓮華温泉まで滑走、
14:00 蓮華温泉ロッジに到着する。雪倉岳が目の前に聳える。
     明日は頂上まで標高差1200mを登ることになる。
     ロッジから15分程度登ったところに雪倉岳から朝日岳が眼前に広がる露天風呂がある。
     嬉しいことに若い娘と混浴だ。
     彼女たちも明日頂上を目指すという。
     明日に備えて日のあるうちに布団にもぐりこむ。



         
  白馬乗鞍岳の大斜面    白馬乗鞍岳の登り      白馬乗鞍岳山頂       仙気の湯          混浴風景


5月5日
    晴天だが雪倉岳からは「ゴー」と風の音。
5:30 スキーにシールを着けロッジ出発、瀬戸川の渡渉点まで水平にトラバースする。
    途中、ガイドに引率された露天風呂の彼女たち総勢9名に追い付く。
    全員、アイゼンを着用している。
    例年、この時期には崩壊の危険がある瀬戸川のスノーブリッジはしっかり残っており
06:40無事渡渉する。渡渉後は沢底の標準コースを登るが、
    両岸の雪壁にはいたるところに大きなクラックが発生しており、気味が悪い。
07:35雪倉の滝付近まで登ったところで、下のほうで小規模なブロック雪崩が発生、
    我々と同じコースを登山中の1名が足を取られて転倒するのを目撃。
    身の危険を感じスキーを脱いで比較的安全そうな小さな尾根に取り付く。
09:30尾根を登りきり広いテラスに出る。
    9人組は沢を詰めたようではるか遠方の尾根をテクテクと登っている。
    テラスからは強風の中を登るが、春風の有難さで寒さは感じない。
    北東に張り出した広大な尾根を登る途中で下山中の5人パーティーに遭遇、
    全員が見事なテレマークスキーを披露してくれた。
12:00頂上着、広い頂上には我々と夫婦らしき二人連れの8名だけ。
    北アルプスの大展望を満喫する。

12:35滑降開始、広い雪面をのんびり滑った後は、沢筋を急いで下る。
13:45無事瀬戸川渡渉点に戻る。
15:20蓮華温泉に帰着、露天風呂まで登る体力はなくロッジの内湯で疲れを癒す。



         
蓮華温泉到着(背景は雪倉岳)雪倉岳が迫ってくる   尾根を登る(後方は朝日岳) 雪倉岳山頂(白馬岳を望む) 雪倉岳山頂

            
木地屋に出発の朝         ヤホー平から       木地屋終点         雪倉岳を滑る         振り子沢を滑る
                 蓮華温泉ロッジを望む


5月6日
今日も無風快晴。角小屋峠まで登れば、後は木地屋まで滑るのみ。

07:00 蓮華温泉発、
07:45 ヤホー平、
09:00 角小屋峠、残雪を蹴散らして木地屋まで滑る。
10:30 木地屋着、山中から予約したタクシーが待っていた。
     タクシーとJR東日本を乗り継いでホテルシャレータケダに帰着して投宿。

5月7日
神城駅から南小谷駅までJR東日本、南小谷駅からJR西日本路線を乗り継いで下関に帰着。

コメント
登山ルートは瀬戸川を渡渉して数時間は谷底を登ります。蓮華温泉ロッジの主人は「大規模な雪崩はない所」とは言っていましたが、側壁からのブロック崩壊を目撃した我々は途中から谷底コースを敬遠せざるを得ませんでした。北アルプスはやはり厳しい山です。