2006年7月沢登り
 祖母山落水谷 沢登り記録
7月15日〜17日

     山域
祖母山系 ウルワシ谷出合〜落水谷及び成瀬谷
     日時 7月15日()〜17日()
     参加者
原田俊(CL)、林(担当)、藤田(会計)、水廣(食料)、吉村(装備:)
宮森(装備:)、西村(記録) :計7名
     目的

7月月例登山(沢登で清涼感を求める)

《行程記録》

15日()

  5:30  起床、各自朝食及び準備

   6:30  尾平駐車場出発
         沢まで15分ぐらい林道を歩く。沢に降りてしばらく平行して歩く。
      吊り橋を一つ通り過ぎる。

   6:55  二つ目の吊り橋を渡り、左手に沢を見ながら進む。
         しばらく進むがどうも道が違うようだ。
      今回の山行きでは宮森さんがGPSを携帯していたのだが、
      この位置ではあまり見晴らしが良くないので
      GPSでの位置確認がいまいち困難。
      地図とにらめっこの末、来た道を引き返す。
      先ほどの吊り橋を戻り、そのまま進む。


   7:10頃、入渓


   7:20  見晴らしのいい場所でGPSにて位置確認。
         さらに数百メートル沢を進む。

   7:40  トモエム落しに到着[P-005]。小休憩。スラブが広がっている。
         この辺りからやっと沢登りという感じで沢の中を進んでいく。
      水が冷たくて気持ちいい〜




   8:10  ウラ谷との分岐。小休憩。ここら辺から少し険しくなる。

   8:50  奥座敷到着[P-007]。小休憩。広々とした場所でほっと一息。
         しばらく滑らかなルートが続く。



   9:30  半迫谷との分岐[P-008]。

   10:00  分岐(最初、落水谷との分岐かと思ったがまちがい)
         少し進むと、10メートルぐらいの滝があり、それを左に巻いて進む。






   10:30  巻き道が終わって少し休憩。この地点で高度約950メートル

  
11:00  落水谷との分岐[P-0013]。



       40メートルの落水谷滝を前にしてしばらく
休憩。
       壮大な大滝に思わず見とれてしまう。ずっと眺めていても飽きない。

          その後、滝の右側を巻いて登る。けっこうな藪こぎで疲れた。

   11:30  尾根に出る。小休憩。GPSで位置確認し、
      ルートの確認をし、沢に
降りることに決定。

   12:00  沢に到着[P-016]。
       少し行くと二手に分かれて滝が現れる。左側の滝を右に巻いて進む。

   12:50  小休憩[P-014]。高度約1200メートル。
       みんな少し腹ごしらえ。

         ここら辺からだんだん水が涸れてきていて、
       途中からはゴーロの中を進んでいく。
       きついよ〜、汗がだらだら流れる中を歩く。

   13:30  トユを登りきったらチョックストンが現れる。
         まず林さんが登って、その後ザイルを出してもらって1人ずつ登っていく。

   14:10  沢に別れをつげ、ここから藪こぎ。
         道なき道を進んでいく。途中、岩登りもあり。

   15:25  岩を登ったところで一休み。



   16:25  やっと縦走路(雪晴新道)に出た![P-015]15分休憩。
       靴を履き替え、

         ヘルメットやハーネスなどの装備はザックにしまう。
      ふーっやっと身軽になった。

   17:10  祖母山山頂と九合目小屋との間の道に出合う。
      小休憩。後続者を待って
いる間、
      林さんだけ祖母山山頂に登ってくる。
      さあ、やっと上りが終わってこれから下りだ。
      少し下ると九合目小屋に到着。
      水場があったので補給。冷たくてとてもおいしかった。

   17:30  小屋出発ここからえんえんと下りが続く。


   18:10  宮原分岐

   19:10  二合目の標識(尾平との分岐)だんだん辺りが暗くなり、

  19:30頃 ヘッドランプ装着。

  20:30
 ようやく尾平駐車場到着。
       お疲れさま〜
とりあえず、車で尾平トンネル前まで移動。
       テントを張り、夕食。

         
      夕食はトムヤムクン、冷や奴、サラダ、ハム、焼き豚、等々。

         食料担当の水廣さん、疲れているのに自分の事は後回しにして夕食の支度、
              お疲れさまでした。とてもおいしかったです。

   23:30 就寝。 は〜今日はよく眠れそう‥‥

16日()

   5:00   起床。薄曇り(夜中に雨が少し降ったようだ)
          朝食(あたたかいそうめん:薬味入り、トマト、サラダ)後、テント撤収、
         各自準備し、車でトンネル向こうへ移動。

   6:50  出発。 林道を15分ぐらい歩き、入渓地点に到着。

   7:00  入渓[P-019]。
         5分ぐらい行くと二股に別れていて、右に進む。
      行く手に倒木があったり巻いて藪を進んだりと、
      けっこう険しい。水量はだんだん少なくなってくる。

   7:45  小休憩。
         もう少し進むと完全に水が涸れてしまい、どうもおかしい。
      すぐそばに登山道が通っていていったんそちらに登る。


   8:05  [P-032]協議した結果、やはりルートを間違えている事がわかり、
      
引き返すことにする。

   8:45  登山道を下って駐車場に到着。
      当初は引き返してもう一度正規のルートで
沢を登ろうと言っていたのだが、
      下りてきた時点でみんなそんな元気などなく、
      やっぱりやめようムードが漂っており、
      とりあえずもう一度林道を通り、
      入渓地点だけでも確認することに決定し、再度出発。

   9:00 (今度こそ!)入渓地点到着。
      行ける所まで行こうということになり、
とりあえず入渓。
        しばらく沢を進む。先ほどとはうって変わり、
      水量も豊富で直登できる小滝もあり、けっこう楽しい。

   9:30 (もっと進みたかったが)引き返す。登るのは楽しいが、
      それを下るのは
けっこう大変だった。

   10:10  入渓地点に到着。林道を引き返す。

      トンネルを通って昨日テントを張った場所まで移動。

         ちょっと早めの昼食。
      メニューはニンニクの芽入ラーメン、ゆでたての枝豆、サラダ


   12:20  下関へ向けて出発。
   18:20  下関 玉姫殿前駐車場到着、解散。みなさんお疲れ様でした!

感想:二日目に予定していた成瀬谷を少ししか登れなかったのが残念でしたが、
       一日目がその分を補って余りあるぐらいの内容でした。
     成瀬谷の方はまた機会があったら挑戦してみたいです。(西村)