2006年沢登り講習会
主催:山口県山岳連盟
8月26日〜27日
裏匹見峡及び紙祖川峡 GPS踏査


紙祖川峡
C.L./記録 細川 功 8/26・27日
SL 伊藤 隆文
会計 藤田 美恵
食糧 水廣 真紀子
装備 林 範之
吉村 正己
野村 友子 8/27日
西村 みどり
宇部山岳会:11名
出光登山部:6名
山歩:2名
総計:27名
8月26日 晴れ、 現地で午後から雷雨
6:05 下関/小月ホンダ 小月ホンダに伊藤、藤田、水廣、林、吉村、細川の6名
6時出発の予定だったが、5分遅れで出発する。
9:20 裏匹見第2駐車場 途中、日原で道を間違え裏匹見レストパーク駐車場に20分遅れで着く。
既に宇部山岳会6名は到着していた。
この日は紙祖川渓谷を予定していたが、今日の参加は宇部と下関の2会であり、
宇部山岳会からの提案で「裏匹見峡」に入渓とする。
早速準備し、
10:00分に駐車場から谷に入る。いつものように入渓後、いきなり泳ぎとなる。
全員ライフジャケットを装着しているので泳ぎは問題ない。
水温は意外と高いのでそれ程冷たくは感じない。
幾つかの淵を経てやがて終了点の平田淵につく水量は昨年と同程度である。
今年も梅雨時期に大雨が有り、その影響による崩壊後が彼方此方に認められる。
我々の頭上遙かな所に増水の痕跡が認められ、色んなゴミが掛かっている。
これから推定すると増水時の川面は今の水面より5,6m高い位置に有ったと思える。
終了点10:08分で食事をしているとぽつりぽつりと雨粒が落ちてきた。
やがて雨脚は強くなり、食事もそこそこに今日の予定のテントサイト
(奥匹見第2駐車場)に下る。
途中から雷雨となり、平田淵からは沢の左岸の上部を通る林道を下り、
14:03分にテントサイトに着く。
此処で木陰に入り、しばらく雨の落ち着くのを待つが一向に止みそうな模様もないので、レストハウス事務所横の避難小屋に入る。
近所の人にこの小屋の使用について聞くと、泊まっても構わないとの返事である。
早速、此処に宿泊する事にする。
無料で使用出来、新しい立派な建物で非常に快適である。
夕食のウナギと豚汁に舌鼓する。
10:00 入渓
13:08 終了点
 
 
8月27日 晴れ
6:00 起床 朝食はサンドイッチ。
昨晩のご飯を御握りにし、携行する。
今日は「紙祖川峡」に入る。
此処は高度差の少ない平坦な渓谷で距離が長いため終了点に車を回し、
終了点で解散する予定にする。
渓谷の入渓点から終了点までの距離は約8.5kmで有った。
途中、数カ所の淵が有るが全体に勾配の緩やかな谷で、河原歩きが主となる。
終了点間近に淵があり、此処を過ぎて橋を潜ると終了点である。
橋の横から上がると廃校となった小学校の校舎を利用した、
「夢ファクトリーみささ」が在る。
以前は「西日本登山研修センター」の名称で島根山岳連盟が使用していた。
此処で閉会式を行い解散。
8:00 駐車場
8:31 入渓
14:31 終了点
15:10 出発
19:40 下関/小月ホンダ