2007年3月月例登山縦走
 大万木山〜琴引山交差縦走
3月2日(金)〜3月4日(日)


大万木山への縦走尾根
                         山域
中国山地 (広島県)
                         日時 2007/3月2日〜4日
                          参加者 先発隊:山根・市橋・濱口・下松八重一家・吉村・吹野(友人)
後発隊:篠田・大迫・植村・岡本・松原・野村・松本・西村・佐伯
琴引山〜大万木山縦走記録

山根(CL)篠田、大迫、植村(食料)、岡本、松原、野村、西村、松本(記録)

小月ホンダ2000〜〜宮島S・A2200〜〜フォレストパーク040起床400〜〜出発520〜〜琴引山登山口600〜〜琴引山山頂705〜〜琴引分かれ745〜〜草ノ城山855〜〜1005bのピーク1000〜〜大万木山山頂1220〜〜下山開始1305〜〜地蔵尊展望台1330〜〜門坂駐車場1405〜〜小月ホンダ1850

小月ホンダを出発し高速をとおり三次へとむかう、途中宮島S・A出休憩を取りながら行って三次についたころには23時を回り始めていた。これでは、向こうでは寝酒を楽しむ暇はないと思ったのか、各自車中で酒を持ち出してのみはじめた。そのせいではないのだろうが 今日のテン場を県民の森と勘違いし、おまけに携帯は圏外で連絡つかないしで、本当のテン場 フォレストパークについたのは1時近くになってしまった。先発組がテント張ってくれてたので 酒も飲まず横になる。朝はうるさい携帯の音で目を覚ます。う〜〜んまったく寝不足だ。これから9時間ぐらい歩くというのに大丈夫だろうか?ささっとテントをかたずけ 朝食の準備に入る。朝食はパンとサラダコーヒーを飲んで一服した後、

 出発前の全員集合・これから各コースに分かれる

大万木山〜琴引山組と分かれる。山根さんのワンポイントセミナー“地図の読み方”の後、出発する。まだ回りが暗いので、道が分かり難い。ルートはスキー場を通り抜けていくようになっている。スキー場は暖冬で、コースの中ほどに少し雪があるだけでほとんど雪がない・・・この先もこんな感じだろうと少しがっかりしながら琴引山目指していく。琴引山は 大国主命に関わりがある山だそうで、しばらく歩くと「琴の清水」、「大神岩」という由来のあるような名前が目に入ってくる。琴引神社を過ぎると頂上に着く。
 
琴引山頂上にて

                琴引山頂上より頓原方面

頓原方面が一望できる。雲海が見れ少し疲れを忘れるが、少し肌寒かったので 早々に出発する。頂上から降り大万木山へと向かう 少し迷うが地図を読みつつ大万木山へと歩を進める。しばらく行って少し高度をかせいだところで琴引分かれにでる。ここで一本とりながら、「地図の読み方」の講習を受ける。
 「地図の読み方」講習風景

ここから和恵縦走路に入り、順調に高度をかせぐ。幾つかのピークを過ぎたとこで 草ノ城山につく。ここで本日
3回目の「地図の読み方」の講習を受け、大万木山の方向をコンパスで確認し、セットする。林道に出たところで 大万木山〜琴引山組と出会うここから1005bのピークに向かっていくと、1度目の試練 「急登」が現れる。これがなかなかきつい・・今回は荷を軽くしてたので 自分はそうでもなかったのだが 野村さんはボッカでもするのか 大き目のザックを担いでいて きつそうだった。なんとか登りきり 大万木方面に向かうとしはらく車道と併走するようになる。このあたりから、車道の路肩に雪が残っているのが見られるようになった。車道の併走が終わったあたりから 2度目の試練 大階段が始まる。階段はどこもそうだが 歩きづらいその上行けども行けども 終わりが見えてこない。腿がつりそうだ。休憩しながら少しづつ上がっていく。大階段展望台で小休止する。ここから 大万木山を見るとすぐ近くに見え 木々の合間には白いものが見える。どうやら雪は残っていそうだ。もうひと頑張りと気合を入れつつ登っていく。山頂付近になると雪がうっすらと3aぐらいだが一面残っており 少し冬山の感覚を味わう。山頂に着きビールで乾杯し昼食とする。

大万木山山頂にて 


見晴らしはよくないが、広々とした広場のようでゆったりとした気分になる。
下りは避難小屋の横を通り滝見コースで下る。こちら北面で思いのほか雪が残っている。しばらくの間雪を蹴散らしながら下ることになった。権現滝の音を聞きながら渓流沿いに下っていく。途中で休憩をかねて非難小屋を覗いてみる。中は広くてなかなか快適そうな小屋だった。ここからしばらく歩くと 門坂駐車場につく。帰りは 車の中で山根さんの山への熱き思いと講義を聴きながら、高速で一路下関へと向かった。今回、雪がほとんど踏めなかったのか残念でしたがなかなか手ごたえのある山行で充分満喫できました。  おつかれさまでした。

    

                      

       
大万木山〜琴引山縦走記録
濱口(CL)・市橋(食料)・下松八重一家・吉村(記録)・佐伯・吹野(友人)

3/2 
14:10 小月ホンダ出発〜16:10安佐パーキング休憩〜16:15出発〜 17:30琴引フォレストパーク到着 
キャンプ場にテント2張分(1張り1000円)申し込みを済ませ、米子の吹野さんと合流。
テント2張り設営。即、宴会。
00:40に後発隊到着、明日は早い早々に消灯
3/3
4:00起床・食事。各隊登山用意、共同装備の確認・残置装備の確認しキャンプ場を5:15出発。
今日の登山コースは大万木山の北側にある門坂ルートと呼ばれる「滝見コース」を行く計画。
(一般的には、琴引山からの縦走が普通と云われる)54号線から大万木山方面への看板に導かれ10分位行くと登山口が二手に分かれる。
左へ行くと門坂ルート登山口、真っ直ぐ行くと位出谷Pから渓谷ルートの登山口に至る。                  
5:35門坂P登山口到着。 
5:40 ヘッドランプ装着、登山開始。緩い登り坂が続く。滝見コースの権現滝は登山道から左に少し下るがまだ暗いので滝の音だけを聞いて先を急ぐ
6:05 丸太造りの避難小屋に到着。トイレ・水場あり。ここから蛇行しながら明るくなり始めたブナの原生林の中を登る。空が大きく開けると突然舗装された車両通行止の林道に出る。この林道は大万木林道へ続く。  6:30問坂峠地蔵堂に出る此処で休憩。晴れれば展望の素晴らしい所、春霞ではあるが三瓶山の山並みははっきり確認出来た。6:40出発 ブナ林の中を行く「癒し系の山」と言われるだけはある平坦な林の中を行く。 残雪の中に水場も確認。 
7:17山頂手前の丸太小屋の避難小屋に到着。
 

   
   頂上手前の丸太小屋                         頂上にて

7:20大万木山頂到着  
山頂から少し奥にブナの大木が有る「マザーツリー」で有名。 
7:35残雪もありスパッツ着用出発。渓谷コース分岐を過ぎ、大階段を下ると草峠までは縦走路直下に
林道が並行してる。(ちょっと残念) 8:55草峠(くさんたわ)着休憩。
9:07琴引隊へ連絡すると草ノ城山(976M)に到着との事。9:10草峠出発。 
9:30合流。全員で健闘を誓う。

                   展望台

9:40展望台通過〜10:10草ノ城山手前は急登のため隊列も長くなる、喉の渇きも覚える風を避けるため
山頂から下った処で休憩。10:25出発午前中の核心部でした
11:30琴引き分れ(和恵ルート分岐)の手前で昼食。12:00出発
12:40琴引山(弥山)1013M山頂到着。360度の素晴らしい展望だった。しばし見とれる。
                   琴引山頂上

山頂下の草原で食事中の登山客5〜6人に「何処からですか?」と尋ねられ「大万木山」からですとこたえると
拍手が沸いたのが大変印象的でした。
13:00 山頂出発スキー場の中を行く。
13:52 下山。フォレストパークに到着。
14:10 琴引き隊へ電話連絡をする。門坂P着との事。
14:30 キャンプ場駐車場出発。吹野さんとお別れする。
15:45 安佐パーキング休憩。 15:55出発〜
18:03 無事小月ホンダ到着。