2007年8月県岳連沢登り講習会
8月25日(土)浦石峡〜26日(日)犬戻り峡




浦石峡参加者


山域      遡行沢名: 1日目 浦石峡 ・ 2日目 犬戻峡

日時  

 
   8月25日(土)・8月26日(日)
参加者       25日10名・坂口講師・下関山岳会3名(中村節子・林範之・水廣真紀子)
        宇部山岳会
4 山口 2
  26日:約20名 (宇部 ・アルピナ ・ 下関 6名)

1日目 825日(土) 浦石峡  天候:晴れ
AM7:00 小月ホンダ発〜8:50 寂地峡キャンプ場駐車場 
9:20  開会式で江本氏より日程・坂口講師より講習内容の説明があり浦石峡へ移動、
    車
2台は遡行終了地点(橋のある地点)まで移動。
10:30 入渓 F1・F2と通過し約1時間で浦石橋・中国道の下を潜る。F42段左 アブミをセットし通過。
12:40 F6アウベシの滝 (昼食)
13:30 F7  10m コヤノ谷の瀬戸 大きい釜を持つ滝でこの沢の核心部。
    坂口講師が右淵をフリーで登り滝上部でザイルをセットし、
    宇部
1名・下関は2 林、水廣の順に取り付く。水量多め。
    下部は左端の水流の真下から取り付くシャワークライミング。息が苦しい。
    途中は中央寄りラインを順調に登りそのまま行けると思ったが、最後の滝最上部への乗り越しへの
    右足のホールドが水流の中に有り足で探すが見つけられず苦戦する。
    約
1分あれこれ試みたが水流に抵抗しながらこのままの体勢はキツイので諦めて
    最後はザイルの力をかりて上がる。水廣さんも健闘して通過した模様。
    他の参加者は高巻きして通過。


          
              浦石峡F42段                      F7・10M(コヤの谷の瀬戸)               

F7 10Mコヤノ谷の瀬戸

     
下木目の滝                             上木目滝             
15:15  堰堤 休憩
15:30  下木目の滝 30m+5m ザイルをフィックスしプルージックやタイブロックで通過。
    上段は フリーで通過。(右に林道が現れたので一応ここで遡行終了)

16:15  上木目の滝30m 遡行終了 
    ナメのみごとな上木目の滝を両岸を数名思い思いに通過し林道に上る。

      途中ザイルの補助は有ったものの全ルート直登で通過できた。
    坂口講師・江本氏が全遡行ルートをサポートされ参加者の安全面に配慮されました。

    浦石峡は水がきれいで、ゴルジュと滑床が楽しめる明るい沢でした。
16:30  寂地峡駐車場にて第一日目講習会終了
21:50  後発組 到着(原田俊行・宮森淳一・松本政光)
    その後 駐車場にて宇部山岳会と交流会


2日目 826日(日) 犬戻峡  天候:晴れ
参加者 約20名 (宇部 ・アルピナ ・ 下関 6名)
AM 8:20 2日目開会式 (開会式の前 車2台を寂地林道 吾妻屋に移動)
8:30  入渓
8:55   F1  5m 右寄りから登る 。長い河原歩きが続く
9:50   堰堤2基
10:50  F8 10m  核心部 両岸にリングボルト有り 、左岸が簡単そうなのでザイルで全員通過する。
    左に曲がると直ぐ立派な淵を持つF9
11:10  F9 15m 犬戻しの滝
    大きな釜を持つナメ状の滝 開放的な雰囲気で滝すべりで遊べる。右岸を滑らない様に通過。
12:00    3段 25(10m5m10m)  (鳥越しの滝→竜神の滝→犬戻の滝)
13:00    遡行終了 遊歩道 。白い花崗岩のナメ床がきれいな沢でした。
13:20   林道 吾妻屋
13:50   閉会式
15:00   寂地峡キャンプ場から六日市IC経由で→先発組 小月17:00着解散・後発組 下関17:30着解散

感想: 昨年まで数年 匹見峡の沢での講習が続いたので今年の錦川水系の沢での講習は沢の趣が変わって新鮮な雰囲気の講習会でした。今回の2つの沢はダイナミックスさは有りませんが、高巻きをせず、忠実に水流を詰めて行ける事が出来る沢でした。(記録:林範之)