2008年正月合宿

槍平(2000m)

下山ルート方面・夏季小屋前(三峰山岳会テント・徳島岳人倶楽部テント)〜夏季小屋前(SACテント)前から撮影

《目的》    下関山岳会 平成20年1月正月合宿
《日時》
     2007年12月29日(土)〜1月2日(水)
《山域・山名》 北アルプス・槍ヶ岳・・・槍平まで入山
《参加者》5名 木村正(CL)・宮元(SL)・森永(記録)・市橋(食料・会計)・松本(装備)
         

12月29日 晴れ〜曇り〜小雨〜雪
8:05 小月ホンダ出発 〜 10:11宮島
14:30 西宮名塩 〜 17:37長良川
20:20 新穂高温泉ロープウエイ駐車場
無料開放の上段の駐車場にテントを張る
12月30日 5:00 起床〜朝目覚めると駐車場は一面真っ白の雪景色になっている
テントを撤収し、車を下山時の為に下段の駐車場へと移動する
7:00 雪の降る中を登山開始、他の登山者も続々と登っていく。
9:04 穂高平小屋で休憩。他パーティーも休憩している
10:26 白出小屋(林道終点)

朝しんしんと雪が降る中出発。〜林道にて〜ちび谷?デブリがあり、ここからビーコンのスイッチを入れる。宮元・松本さんはもう先に渡ってしまった。

13:23 滝谷(藤木レリーフ)・この辺りからパーティが重なり合い連なって行動するようになる
夏道では沢には下りないはずなのに沢に降りラッセルしている。
沢を詰めるようにラッセルして槍平へ(所々テープや夏用の標識も二箇所確認した)
15:45 槍平小屋着。
テント設置場所については意見の相違はあったもの夏季小屋の近くに決定。
20:40 就寝。雪は深々と降り続いているようだ。
12月31日 4:40 起床はするものの停滞。
ラジオの天気予報は相変わらず今季一番の豪雪だと言っている。
元旦用おせち料理を前倒しで少ないお酒で宴会。昼食に年越しそばを食べる

今日は停滞日!テントを出る度に各自除雪をやる作ったトイレはすでに埋没
15:21 山岳会より大雪の中での励ましと、
下山時のチビ谷付近の雪崩に気を付けるようにメールをもらう。
15:51 下關山岳會会長へメールする。
《元旦に下山・他のパーティー15名と総勢20名でラッセルします。
  今、年越しと正月料理で槍平で停滞中》
夕食の時間が近ずくも、お腹がいっぱいで食欲が無い。
腹ごなしの為、4時過ぎからテントの周りの除雪をすることになり、3名が参加
宮元・市橋は夕食準備の水作りを開始、夕食の準備を始める。
18:00 夕食、残り少ないアルコールを分け合って飲む。
20:30 シュラフへ入る
21:30 山岳会メンバーより、どうしているかと電話を受ける。(こんな時間に不思議?)
23:30 ドン!という音で全員飛び起きる。
雪崩発生!《詳細ドキュメントは別途記録する》
思わず、いったい何時?時計を見ると11:30分だった。
槍平小屋(夏季用)前のテント3張りに直撃!
(三峰山岳会・徳島岳人倶楽部・下關山岳會)があった。
全員救出出来ず本当に残念でならないが、4名死亡・3名救出・
下關山岳會は全員無事脱出。
0:17 119連絡する(電池切れの予防の為二本の携帯番号を連絡する)
0:47 生存者一名救出の一報119番へする。(携帯電話の記録より)
1:20 《二次災害に会わない為になるべく早く小屋に避難した方が良いと声が掛かる。》
1月1日 1:30 市橋は持てるものを持ち冬季小屋へ移動。(まだ遺体は小屋に上がっていない)
1:30〜2:30 埋まったテントから荷物を運び出す。
2:00 遺体が次々と運び込まれ、ガスバーナーを枕元に置き何度か男性と交代で蘇生するが、残念ながら息を吹き返す事は無かった・・・・。
2:40 下關山岳會4名は埋まったテントと荷物を繰り返し運び込み冬季小屋に入る。
3:00 4名の遺体と救助に参加した小屋泊メンバー全員冬季小屋に入る。
隣に座っていた女性が暖かい紅茶・カフェオーレを勧めてくれた。温かった。
寒いし、疲れていたのでシュラフに入り休む。
明るくなるのを待って起きる。
8:00 朝食、雑煮を作って食べたものの、味がわからなかった。
8:00〜9:00 山岳会へ5名全員無事の連絡を取る。
《冬季小屋へ避難している、レスキュー隊と一緒に下山すると伝える。》
9:40
山岳会メンバーよりメールが入る(メールの返事は電池節約の為しない事にする)
5名の家族に無事の連絡を取ってくれたようだ。(有難うございました)
10:50 中央アルパインの鮒田さんと31日の打ち合わせどうり
一緒に下山を同行する事にした。
7名・4名・5名・1名・1名・5名パーティー総勢23名でラッセル。
11:15 会長より電話もらう、ラッセル中で今下山中と伝える。
登りで一旦沢に下りたところでやはり下りでも降りないと谷をトラバース出来なかった。
13:45 滝谷・藤木レリーフ付近でレスキュー隊と出会う。
この時SAC木村さんがトップのラッセル中で、これから先はラッセル無しになり、
各パーティーごと下山する事になる。
私達はここで休憩をし行動食をとる。

 滝谷からは各パーティごとにマイペースで行動する。やっと雪景色を楽しむゆとりも出たところ・・・・。
14:40 白出小屋の林道に出る。ここでワカンを外す。
気分も良くなり、雪への恨みのような気持ちが徐々に変わり、
雪が美しいと思う気持ちになるのが不思議である。
白出小屋からは林道でワカンを外し、足も軽くなる。
15:40〜15:55 穂高平小屋にて、警察の事情聴集を受ける。我々の解る範囲で説明する。
16:07 SAC会員より心配の電話入る
17:00 新穂高温泉駐車場へ到着。
17:00〜17:30 無事に下山を会長他各自連絡する。
17:30 出発〜平湯温泉〜飛騨高山〜飛騨清見IC
平年より雪は少ないと警察の人は言っていたが私達にすれば大雪である
道路も高速道路も雪が相当量残っているのに・・・・・
国道も高速道路も雪が相当積もっている、そんな中、木村さんは平気でドンドン走る。
(頼もしい限り)
1月2日 0:00 北陸道関SA着。この辺りでやっと雪から開放。SAでテントを張らせてもらい、
やっとテントの中にて晩飯にありつく。
牛肉500gと大きなキャベツ一玉・タマネギ中5個・ピーマン5個・人参大1本で
焼肉鍋をする。あっという間に平らげる。
ご飯は炊いたものの誰も食べない。鍋とビールでお腹いっぱいなのである。
時間は覚えていないが、就寝。ぐっすり眠ってしまう。
6:30 起床・朝食を食べる。(朝食は皆完食!)
今の所、5名皆一緒で,結構明るいけど、それぞれ家に帰ると落ち込むかもしれない
8:15 関SA出発〜吉備まで木村運転
14:30 吉備〜小谷 市橋運転
15:50 小谷〜小月ホンダまで松本運転
18:30 小月ホンダ《走行距離:1756.8q》
18:40 解散。本当にお疲れさまでした!ゆっくり休んでください。