2008年3月個人登山
大山・三の沢〜剣が峰/烏ヶ山

三ノ沢パノラマ

 《日時》      平成20年3月14日〜16日 
 《山域・山名》  大山:三の沢〜剣が峰/烏ヶ山
 《参加者》3名 原田俊(SL/装備) 城代(CL/食料) 水廣(会計/記録)
《コース》

      15日 奥大山スキー場駐車場〜三ノ沢〜天狗ヶ峰〜剣が峰〜東尾根振り子沢〜駒鳥小屋〜
       鳥越峠〜奥大山スキー場駐車場
(テント泊)
      16日 鏡ヶ成駐車場〜新小屋峠〜南峰〜烏ヶ山〜南峰〜新小屋峠〜鏡ヶ成駐車場 

3/14 20:00 小月ホンダ出発21:10 鹿野ICにて城代さんと合流
道中、今回の計画について打ち合わせ。計画書では@三鈷峰北稜東尾根A槍尾根&キリン尾根B八合尾根&別山尾根を候補にあげ、天気と雪の状況から当日決めることにしていた。2日間の天気予報はまずまず。特に15日は一日晴れ、16日は午後からくずれそうということで、@案はまず却下、検討の結果AでもBでもない次点案の「快晴の似合いそうな」三ノ沢に決まり、庄原ICから一般道経由で奥大山スキー場へ向かった。1:40 奥大山スキー場駐車場着車場トイレ横にキャンプ。トイレには暖房が入り快適。晴れ。気温1℃。
GPSの軌跡

3/15 4:30 起床 5:50 出発 大山環状道路の除雪は鍵掛峠あたりまで進んでいるがゲートは開いていない。スキー場から歩き始める。天気はすこぶる良い。冬ほど朝の冷え込みは感じないので山もやはり春にむかっているようだ。鍵掛峠で朝日に照らされピンク色に輝く大山の南壁をのぞむ。
        
大山環状道路                 鍵掛峠より大山南壁
 7:00 三ノ沢取付 鍵掛峠以降除雪はされていないが早朝のためまだ雪が堅くワカンなしでも埋まることなく快適に進むことができた。ここで休憩をとることなく、上部の大堰堤をめざし再び歩き始める。天気もいいし雪の状態もいいのでだんだん楽しくなってきた。
     
      
三ノ沢取り付き地点               大堰堤をめざして
      
三ノ沢大堰堤の左側を越える                  大堰堤から三ノ沢

三ノ沢
 07:40 大堰堤にて休憩、アイゼン、ハーネス等装着
下部の堰堤はほとんど見えることがなかったので例年より雪は多いのだろうか。ここの大堰堤からの大山の南壁の雰囲気はまるで北アルプスの涸沢のようだ。それでも威圧感は近づくほど薄れ「なんとかなりそう」と思った。大堰堤からしばらくは緩い傾斜が続くがここにはずいぶん前のデブリが堆積している。そのデブリの縁を進む。3人それぞれ勝手に登っていく。傾斜がきつくなったのでジグザクに斜登行しながら高度を上げていく。アイゼンのエッジが小気味良いくらいに良く効く。あまりにも気持ちいいので「あと30分くらいでぬけそうだね。」と言ったあとがきつかった。稜線直下はいきなり傾斜がきつくなり雪面がテカテカに光っていてどこをいっても滑りそうだった。おもわず怖さで動きが止まってしまいそうだったが不思議と冷静さもあって確実にステップを刻むことに集中した。

三ノ沢上部
             
三ノ沢上部 テカテカツルツル・・・・                   槍ヶ峰トラバース
                   
                       槍尾根から烏ヶ山をバックに                           槍尾根の上部にて、「休憩!」
9:00 槍ヶ峰直下
槍ヶ峰ピーク直下に出た。ほっとしたのもつかの間、今度はいきなり身体が空中に投げ出されたような高度感に圧倒された。足元にも景色があるよぉぉぉぉぉ
(>_<)。思わずしゃがみ込んだ。越えていくはずの槍ヶ峰は岩屑を積み上げたような鋭いピークだ。まだすこしの安心も得られなかった。二人も尾根上にあがってきて早速ザイルをだし、槍ヶ峰をトラバースする。まず、城代リーダーがトップでザイルをセットしていく。50mザイルいっぱいのところで安定したコルにでる。ザイルを解除して慎重に天狗ヶ峰に向う。天狗ヶ峰には雪がたっぷりつき広いピークになっていてやっと安心してザックを降ろし休憩。原田さんのリンゴがとてもおいしかった。ここに荷物をデポし城代、水廣はコンテで剣ヶ峰へ往復。「しばらく来てなかったからね。」と城代さん。そう、今日来なかったらいつ来るの?というくらい今日はすばらしい春日和なのだ。頂上稜線上にはしっかりトレースがついていた。剣ヶ峰の雪庇は重量感たっぷりだった。
             
剣ヶ峰頂上                             「がんばりました!」
                  
           振り子沢・美し〜い!                             シリセード わ〜い♪ 
                         
                               東尾根から東壁                           東尾根を下る
11:45 東尾根より下山開始
天狗ヶ峰から急な下りを慎重に下る。振子沢に降り尻セードで一気下降。雪はかなり緩んで制動も問題ない。ながーいながーい尻セードが楽しめた。わーい♪二人に聞くと振子沢は春の山スキーのメッカらしい。あまり楽しんでもいられない。振子沢の下部の雪崩を警戒して下山は東尾根に上がり尾根を忠実に沢出合いまでたどる。この尾根からは東壁がよく見える。眼下の本谷にはデブリのあとがすさまじい。尾根筋にはまだたっぷり雪がつきワカンを装着した。雪がくさり水っぽく重いのに難渋する。尾根の末端付近から本谷側へ再び尻セード。わーい! 歩くより楽ぅ〜!・・・が、しかし、雪面の深い割れ目に胸まで落ち込み雪に足をとられぬけられなくなった。自力脱出不可能なので二人に救助要請。一人だったら遭難していた。お世話かけます。駒鳥小屋から鳥越峠への登り 疲れた後の登り。きつかった。
        
鳥越峠にて 「休憩!」                                   鳥越峠からキリン峠方面
14:50 鳥越峠16:30 奥大山スキー場駐車場着17:30 テント幕営
スキー場客が退けるのを待って昨日と同じ場所に幕営。スキー場の客のほとんどがスノーボーダーのようだった。日が暮れたスキー場の整備車両のエンジン音をBGMに夕餉。城代リーダーの用意してくれた水餃子鍋をおいしくいただく。20:30 就寝
3/16 04:30 起床 テント撤収後、車で鏡ヶ成駐車場へ移動。昨日東尾根上でCLSLの協議により2日目は烏ヶ山に予定されていた。城代リーダーは2月の会月例山行正面ルートで深雪のラッセルに途中敗退。今回は新小屋峠ルートを行く。
         
除雪はここまで・・・・                              烏ヶ山
7:10 鏡ヶ成駐車場出発 新小屋峠方面の道路はまだ除雪されていない。いきなりワカン装着。天気はまだもっている。駐車場から烏ヶ山の全景が見られた。気温は高め。新小屋峠すこし手前より樹林に入る。かすかにトレースも何本かある。しばらく城代リーダーに先頭をまかせられるがまったく要領を得なかった。反省。目的物やトレースがない状態のことを考えると読図力や現在地点の確認方法、コンパスの使い方をしっかりマスターしなくてはと思う。平坦になってきたカーラ谷を渡り、夏道より手前の尾根に取り付く。そのほうがショートカットできそうだった。トレースもある。緩い傾斜の尾根を着実に登っていく。雪が重たい。というか足があがらない。南峰手前の急傾斜を前にアイゼン装着。
        
緩い尾根を登っていく                           夏毛に戻りつつある?「烏」
          
ガスの中本峰へ                                  本峰直下の登り
ここから南峰に登る正面登山道側の稜線に駐車場で挨拶した単独行の男性の姿が見えた。その頃大山にすごいスピードで厚い雲がぶつかっていた。と思ったらあっという間に烏ヶ山もガスの中に隠れてしまった。気持ちを入れ替えて雪の急傾斜を登っていく。これ以上雪が緩むと厄介そうなところだ。この急傾斜を登りきった南峰手前で先ほどの男性と行き会う。本峰に登って下山してきたそうだ。速い。南峰から本峰への痩せ尾根はザイルをださずに慎重に渡って行く。左はブッシュがありまだ安心だが右側鳥谷側は悪い。問題なく通過。そのまま本峰にとりつく。ブッシュも利用できピッケルを確実に効かせれば特に問題なくノーザイルで本峰山頂に飛び出た。案外あっけなかった。まだガスの中だがともかく記念撮影。“本峰からの”下りはザイルに確保されくだる。ふと上をみるとビレーしてくれている二人のうえに晴れ間が広がっていた?(11:00)
       
烏ヶ山本峰頂上にて記念撮影
南峰を過ぎ急傾斜を後ろ向きで下降。降りたところでアイゼンをはずしワカン装着。5人パーティーが同じルートを登ってきた。下山は南東側の雪面を下り正面登山道に合流するルートを考えていたが、雪が柔らかく時間がかかりそうなので、トレースがある往路を戻ることにした。結局は往路のトレースも柔らかくなっていて役に立たなかったので、どちらに降りても変わらなかったかもしれないが。下り始めると背後でどどどっーと音のような音ではないような不気味な気配を感じ三人そろって振り向いた。烏谷に落ちる雪崩だった。見たときには烏谷にすごい勢いで雪塊が走っていた。地響きがするようだ。我が身に危険のない場所とはいえ気持ちの良いものではない。二人はシャッターチャンスに間に合わなかったと残念そうに言い、次のチャンスを狙って「雪崩待ち小休止」と腰を下ろしてしまった。あきらめて再びザックを背負った瞬間に先ほどよりはげしい雪崩が起こった。雪だけではなく緩んだ地肌も流れていく。
滝壺に落ちる瀑布のようだった。
登ってきたトレースを辿り下山。(13:40)
         
下山開始                  烏谷へ落ちる雪崩
鏡ヶ成駐車場ですきっ腹を満たしたのち下関にむけて出発。小雨が降り始めた
今回の大山山行は好天に恵まれ充実した2日間となりました。特に初めてであった三ノ沢は緊張感たっぷりのなかでアイゼンワークを思いっきり楽しめたことが良かったです。冬の大山は天候条件とルート選択(計画)がポイントになるが、経験豊富なCLSLのリードのおかげでよい経験ができました。いろいろ反省点として残すこともありますが、記録係としてカメラをだす余裕もなかったことお許しください。(水廣)