平成207月月例登行記録

《日時》719()21()

《山名》市房山/拔川谷(1日目:高速道下関IC〜人吉IC〜市房キャンプ場

    2日目:キャンプ場〜林道終点〜拔川谷〜市房山頂〜西尾根〜市房神社〜キャンプ場

    3日目:キャンプ場〜上椎葉〜矢部〜松橋IC〜下関IC

《参加者》:原田俊行、水廣真紀子、撰定麻紀、三田徹、下松八重清幸、下松八重宏太、細川功:計7

《行程記録》

7月19日 1930 玉姫殿前の広場、出発
        22:15 市房山キャンプ場 到着

長崎隊は長崎を昼に出発、下関隊が出発する時間には既に市房キャンプ場に到着していた。我々、下関隊は遅れて出発、キャンプ場に着いたのは23時を過ぎていた。テント設営後、全員で明日の計画を一杯飲み交わしながら過ごし、1時近くに就寝する。


7月20日

  天気晴れ、05:00起床→06:20キャンプ場出発→06:30林道終点→06:40入渓→

07:15最初の大きな滝08:00→8:55最後の滑滝09:15→09:10休憩09:25→

 10:23登山道出会→10:34 8合目→11:20市房山頂→12:21下山→14:03市房神社→

 14:14出発→林道終点着

朝、外が明るくなる頃に起き出し、朝食後出発する。幕営用具は全て撤収し、市房神社側の林道終点に車を止めて、沢を目指す、地形図から判断すると拔川谷は神社のすぐ手前の沢を登っている。林道終点から入り直ぐの沢を詰める。これが途中で「どうも地形図上の地点がおかしい」と言う事になり、後日、GPS軌跡を地形図上に落とすと間違えた沢に入っていた。

 とにかくは、この沢の記録を記す。
入渓後、小さな滝が数カ所続き、直ぐに下から見て30mを越える幅5〜6m程度の中央に水流を持つ大きな滝が現れる。途中にビレーを取るピンが有ると思い登攀開始。約8mをクラックに沿って直登、クラックの上部で右に約2mトラバースし、水流の中を更に直登する。途中ビレーを取りたいのであるが、そのような箇所は無く、40mを一杯登り、灌木の根元で確保に入る。その後は簡単な滝が連続し、次第に上空は開けて明るくなる。約3時間の遡行で沢は終了。周辺のスズタケが一面枯れた斜面に出会う。斜面の足下はずるずるの泥斜面で滑り、枯れたスズタケはバランスを保持する手がかりにならず、非常に歩き難い。やがて枯れたスズタケも消えて灌木帯の斜面から登山道になる。このとき登山道は斜面の山側左にある。
予定の拔川谷であれば地形図上から判断すると斜面の山側右にあるべきであるが、何故か反対側である。皆で種々議論するが解決しない。全員が「入渓した沢」が拔川谷であると思いこんでいる。このことが種々思いを巡らす事になる。後に、我々が入渓した沢は拔川谷から南の尾根から更に南の、無名沢であったことに気づく。残念ながら拔川谷には入れなかったが種々の収穫有り、拔川谷へは、皆が再度挑戦の意気込みである。国土地理院の地形図に表示されている過疎地の建物や小さな道路、登山道などは正確に記入されていないことを再認識する。
GPS軌跡から判断した市房神社の実際の位置は地形図上の表示点から南東側に約330mの900mコンターライン上に在る。更に登山道もその一部は地形図表示のひとつ北東側の尾根に取られているのが判った。このことは参加者にとって大きな現場学習になったと言える。                           


GOS軌跡・・・・記録:細川

遡行予定の抜川の右俣谷の概念図

早朝駐車場からすぐ入渓



40mの滝                        最後の滝



とりあえず全員の集合写真(撮影者1名在り)

7月21日

5:30起床、昨晩の宴会の残骸を片付け朝食後、椎原→通潤橋→松橋ICに出て、高速道路経由で松橋IC→下関ICで帰る。下関へは16時過ぎに到着した。


【感想】下松八重


入渓地点を間違って、予定の沢は遡行できませんでしたが、入渓して間もなく40m一杯の滝が現れ、結構楽しめました。また、「拔川右俣」の宿題もできました。小生にとっては、3年ぶりの沢登りでした。昨年も、一昨年も計画していた時に台風来襲で実行できなかったからです。今回も台風8号が南海上に発生していたので、又かと言う思いでしたが、実行できて本当に良かったです。一緒に参加した、宏太にとっては始めての沢登りでしたが、皆様のおかげで完登することができました。感謝! また、下関山岳会の月例登山に久しぶりに参加し、新鮮な気持ちになり、宏太共々大変楽しいひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。今回の自分の反省です。予定ルートを人任せにしていました。事前にルートを勉強し、入渓する時それを確かめていれば、間違いに気づいたかもしれません。今回は全く疑いもせず、ただ後からついて行きました。思い込みで進んだ結果、後で間違いに気づくことは、山では良くあることです。今後は、最初の出発地点や下山開始時点等、要所では全員が行動予定のルートを地図で確認するように心がけたいと思います。

【後日談】・・・地図とGPS軌跡での市房神社の位置確認の検証について・・・参考までに!

(水廣)
下山は市房神社を経由して駐車場にむかったのに、GPSの軌跡は地図上の市房神社を経由していない?・・・・
地図を見てますが・・・・教えてください。

(三田)
地形図の市房神社の位置がおかしいのではないですか
現地にあった地図だと、「市房神社」の位置は、GPS軌跡で言えば、等高線の
900メートル付近と思われ、
軌跡とも一致します。後で、もしやと思い、HPを検索してみたら、市房神社の位置に関し、同様なコメント記事を見つけました。やはり、地形図の標記がおかしいようです


(細川)
GPS軌跡は地形図の「市房神社」を通過していません。
これは国土地理院の地形図が間違っています。そのほか、登山路も一部異なっています。
この類似点は以下のHPでもGPS軌跡が有りました。いずれも地形図上の神社を通っていません。又、登山道も私の軌跡とほぼ一致しています。国土地理院の地形図は航空写真を基本に作成し、建物、道路、登山路(小さな道)等を書き込みます。航空写真に認められない建物等の地点は地理院の職員が歩いて位置を確認し、地形図に書き入れます。その為、位置の間違いや不正確になることがよくあります。この事は、他でも報告されています。現在では地理院もGPSによる位置確認を行い、作成を行っていますが、それ以前に作られた地点の修正は膨大な資料になるため、大きな間違いでない場合や重要なポイントでない場合、修正作業を行っていないようです。修正作業は旧地形図に対して補足修正を行います。見直しを行っていない旧地形図のデータはそのまま残ります。神社は高度900mのコンターライン上の軌跡がヘアピンになった地点です。