北八ヶ岳連峰天狗岳(2,640M) 登山記録


平成20年8月1日〜3日 ・・・・・・・ 記録:萬谷



東天狗岳

天狗岳8合目辺りまで登るが悪天の為、写真にならず残念だが下山する

8月1日 白馬鑓温泉ー白馬駅ー中央線茅野駅にて下車駅附近のビジネスホテルに泊まる

8月2日 茅野駅発ー渋の湯温泉行き6時30分のバスにて
7時30分終点渋の湯に到着
10分休憩の後5分後登山者補導所に登山届けを提出し、橋を渡りジグザクの樹林帯を登り岩のゴロゴロした急坂の道を行く。緩やかな坂道進み又急坂にかかるこのような急坂や緩やかな坂道、沢沿いの岩のごろごろ道本当に歩きにくい道。


奥蓼科補導所(登山口・登山届提出所)                      黒百合ヒュッテと八方台の分岐標識
傾斜が緩み尾根に出ると八方台方面からの登山路と合流、さらに展望のない樹林帯を緩やかに登る。
丸木橋を渡り分岐にでると右手に唐沢鉱泉からの道だ。ここからは次第に深い針葉樹林をゆく。
涸れ沢を丸木橋や金網での橋を渡りゴロゴロした沢状の道を登る。
私を追い抜いていった人は若い方が6人。やはりきつい道ですねと話しながらゆっくり登って行く。
行程は2時間との事だが黒百合ヒュッテに着いたのは12時こんなにかかるとは思わなかった。
昼食はウドンをいただく。14時迄休憩後目の前の岩塊の道を急登し、溶岩台地にでる。
摺鉢池が目の前に広がる。西側から岩塊の道をペンキ印に沿って登る。
二つの岩塔を越え東天狗の鞍部に下る。ここからは急登だゆっくりゆっくり登る。


丸木とガレの登山道                                  中山峠と黒百合ヒュッテの分岐


黒百合ヒュッテ                                      黒百合平(擂鉢池がある)より東天狗岳と西天狗岳頂


二つの岩塔を越え東天狗の鞍部に下る。ここからは急登だゆっくりゆっくり登る。
9合目近くで山頂より若いご婦人が下って来て今から頂上ですかと話しかけてこられた。はいと答える。
南八ヶ岳の赤岳、阿弥陀岳方面の写真を取りたいけど、天気は?と聞くと昼までは晴れていたが14時過ぎには雲が出て下るときには山はみえませんでした。との事。
写真にならなければ登っても仕方ないのでここまでで下ることにする。
来た道を引き返し黒百合平付近を回ることにする。中山峠まで散歩する、ヒュッテより峠までは木道が整備され歩きやすい。
小屋の人の話によると色々な高山植物が咲いているとの事、コマクサも咲いていると言われたが見つからない。道筋に小さい花が咲いているが判りにくい。
夕食は一階の部屋で頂く、
寝室は二階一杯に布団が敷いてあり、指定された場所に寝る事となる。
私は奥の一番端となり出入りも便利で楽だった。
4人グループの若い女性は部屋の真ん中、四方を男にかこまれ困った様子、文句を言いながら寝る。
夜中に子供の泣き声で眼が覚める。

8月3日
 晴れ
今日は渋の湯8時50分発のバスに乗る為、朝飯をキヤンセル小屋を5時30分出発する。
下りはいくらか自信あり8時30分までにはバス停に着く事を考え、途中休まずに下って行く。
着いてみると8時にバスは着いており荷物を置き近くを散歩する。
バス時間どうり出発茅野駅到着10時27分発あずさ12号にて立川経由多摩駅に無事到着。