個人登山 北海道十勝岳縦走


望岳台より左写真:美瑛富士&美瑛岳                     右写真:十勝岳本峰
日  時   平成20年7月13日(日)〜14日(月)
山  名  北海道  十勝岳 2.077m 〜上ホロカメットク山1.920m  〜上富良野岳1.893m 
参 加 者  伊藤・江頭・宮元・岡本  (平均年齢 67.5歳)
登 山 記 録 :伊藤隆文  全日本登山体育大会終了後、4名で個人山行で十勝岳から上富良野岳を縦走する。
               
         
7月13日(日)  ユースピア大雪にて 5.00 起床 
           朝から快晴のきざし。6.00朝食 昨夜予約しておいた
       美瑛ハイヤーの迎えで、今夜の宿、白金観光ホテルに立ち寄り不用な荷物を預け、登山口の
       望岳台に向かう。
       6.50 望岳台着 7.00 登山開始 十勝岳は平成元年にも噴火した
       活火山でいまも白煙を吐いている。火山礫のガレ道の登りを進み、7.55 雲の平分岐に着く。
        この辺りから、美瑛岳、美瑛富士が望まれる。9.00 空模様が怪しくなり、突然大粒の雨が
       落ちてくる。きょう、早くも合羽のお世話になる。9.30 新々噴火口の上に出る。硫黄臭を
       含んだ風を受けながら広々としたゆるい斜面を歩く。
       10.40 十勝岳頂上着 晴天なら東西南北の山々が見渡せ素晴らしい展望台になるところ、
         ガスと雨のオマケつきで眺望ゼロ・・・・・
       11.10 山頂から南西方向に下り大砲岩をめざす。北西の強い風が吹き手が悴む。
        馬の背の細い尾根は両側が切れ落ち、あまり下を見ないほうがよい。12.05 上ホロ小屋分岐。
       12.15 上ホロカメトック山着 風と雨にガスの洗礼を受け記念撮影もそこそこ・・・・・・
       12.40 上富良野岳頂上 西の方から天気は回復のきざし。山頂から昨日通った上ホロ分岐まで
        下る。途中、安政火口越しに三段山を望み、また、きのう登った富良野岳もガスの切れ間に
         姿をあらわす。
        300階段の木道をくだり、ヌッカクシフラヌイ川の谷に下り、沢を渡ると広い登山道にでる。
       15.00 十勝岳温泉登山口着 迎えの美瑛ハイヤーを待つ間、また、肌寒い雨が降りだす。
       16.00 白金観光ホテル、チェックイン。 きょう一日の疲れをかけ流しの露天風呂で癒す。
       18.00 ご馳走がずらり。生ビールと鍛高譚(Oさん、お勧め)で山旅にカンパイィ〜・・・・・・・
7月14日  7.30 白金温泉を道北バスでJR美瑛駅へ。乗客は通学の小学生二人と我々四人。
 (月)     朝の白樺街道は清涼感を漂わせ、バスは真っ直ぐな道を、真っ直ぐ走る。
      8.56 JR美瑛発 旭川まで平坦な線路をこれまた真っ直ぐに、広々とした中を走行す。
     10.00 JR旭川発 特急スーパーカムイ18号に乗車、札幌に寄り道はせずそのまま空港へ。
     12.01 新千歳空港着 北の大地にお別れと云うことでOさんの案内で名物ジンギスカン料理店へ。
     14.20 新千歳空港発 ANA 290は定刻に飛び立ち、途中、乱気流で機体が揺れるも
         順調に飛行する。
     16.45 福岡空港着 空港よりOさんのマイカーに乗せて頂き下関に向かう。
     18.30 下関着 皆さん大変お世話さまになり、有難うございました。
*コメント   元北海道住人さんをはじめ、二度目の人、生まれて初めての北海道の地を踏む人(小生) 
        本州とはまるで違う雰囲気があり、特に山は単独では登りにくいと思いました。
        なんと云っても雄大な自然は北海道ならではの世界と感じました。
        今回の全日大会の参加に際し、なにかと忙しい中、岳連窓口として手続き取り纏めをして
        下さった山根さんにお礼申し上げます。