2009年3月 個人登行 大山トレーニング山行

<日時>200937日(土)〜8日(日)

<山域>鳥取県 伯耆大山

<参加者>5名  

城代(CL・指導)、原田俊(SL・指導)、水廣(担当・装備)、西村(会計)、播磨(記録)

<目的>キックステップとアイゼンによる雪面歩行訓練及び、初歩的なロープを用いた冬山登山技術の習得し、会のベテランが同行しなくても、大山級の冬山個人登行が安全に行えるようにする為。

<行程>

3月7日(土)

2030小月ホンダ出発〜小月IC〜21:30鹿野IC〜23:07七塚原SA〜24:20大山寺P泊

38日(日)

5:30起床、朝食・準備、撤収−645分出発→707大神山神社→740元谷→8:58別山中央稜基部(滑落事故対応)
11:52
出発→12:45元谷→13:10大神山神社→13:40駐車場14:10出発→16:00七塚原SA→18:05鹿野IC→19:04小月ホンダ

<記録文>

37日(土)

2030分 小月ホンダを予定通り出発。車中で水廣さんが、城代さんからの予習課題を挙げて「でも、予習しようがないよね。」という。私はそれ以前のレベルでことばさえ初耳の「スタンディングアックスビレイ」の意味を尋ね、原田さんに説明してもらった。うまくイメージできず、そんなことできるんだろうかと思うばかりだった。

2130分 鹿野ICで城代さんと合流。

2420分 大山寺駐車場着。3人用テントをはって、そちらには男性2名。女性3名は車中泊。

38日(日)

当日の行動計画は、まず別山基部に向い、中央綾取り付き付近の斜面を利用して、各人の技量に応じた、キックステップ、アイゼン歩行及びリードと美麗の訓練。その後別山沢方面へ下降して八合沢を登り歩行訓練。下山は夏道または元谷経由とした。
事前に登行予定ルートを図配布して、全行程のルートファンティングも併せて行うこととした。

 530分 起床。各自朝食をとり、準備を行った。私のザックはやたら膨張していて、何が入っているのかとチェックを受け、パッキングが下手なことがばれる。雪質は締まっているとのことで、ワカンは持っていかないことになった。

645分出発 神社への石畳はまだらに積雪があって、すべりそうで歩きにくい。皆に遅れをとってあせりながらも、こんなところですべって頭を打ってリタイアしたら情けないので慎重に歩いた。

707分 大神山神社へ参拝して無事を祈願する。

 

740分 堰堤を右に見ながら歩き、開けたところに出ると間もなく元谷避難小屋が見えた。
水廣さん先頭でルートを探しながら別山方面をめざす。

 
8:06〜3080253

斜面の傾斜がきつくなり、足跡のないところを歩くと面白いが、しんどくなってつい足跡をたどってしまう。
途中降りてくる登山者とすれ違った。
先を行く登山者2名と同グループで、同行者は弥山沢を登るがその方は夏山登山道を登るとのことだった。

1,200m辺りで右方向の斜面を登り、トラバースして別山中央稜基部へ。<写真8:44>

このトラバースが苦手で、足が止まってしまい難儀した。
水廣さん、城代さんがアドバイスをくれるが、
なかなか足を踏み出せない。ずいぶん時間をかけてしまった。

858分 別山中央稜基部到着。<写真 10:10 別山基部より弥山方面>
ここで予定のトレーニングの準備。

ハーネスとアイゼンを装着する。ここでまたもや失態。ハーネスがフリークライミング用で、冬靴が通らないのだ。やむをえずいったん靴を脱いでハーネスを着けるが、状況によっては不可能だし、たいへん危険な行為だとのこと。私がもたもたしている間に、原田さん、西村さんは、「スタンディングアックスビレイ」の練習のため、別山方向へ登り始めていた。

< 9:32  別山中央稜 引き返した2人の足跡>

915分 差し迫った叫び声が聞こえて振り返ると、弥山西稜の岩壁を転落していく姿が見えた。転落した方の近辺にいた登山者2名が「大丈夫ですか。」と下方に向かって声をかけており、こちらをみとめると「警察に連絡してくださーい」と言われた。

918分 了解の返事をして、城代さんが携帯電話で鳥取県警へ連絡。パトロール隊が入っていて、事故現場へ向かうとのこと。携帯電話の電池切れを危惧して水廣さんからも電話連絡を行う。原田さん、城代さんは必要な道具を準備して弥山沢の現場に向かい、他3名はそのまま待機する。

915分 背後に落石のような音、差し迫った叫び声が聞こえて振り返ると、弥山西稜の岸壁を転落していく姿が見えた。転落した方の近辺にいた登山者2名が「大丈夫ですか。」と下方に向かって声をかけている。西陵にいたパーティーの一人が滑落したと思ったので、城代さんが声を掛けて、単独行の方と確認の上、当方が安全な地帯にいたので、こちらから事故発生の連絡を行うと伝えた。9時18分 城代さんの携帯電話で八橋警察署へ連絡。転落の場所と状況から谷に落ちた遭難者は見えなかったが、無傷とは思えないことを伝えた。当日パトロール隊が入っていて、事故現場へ向かうこと、および、警察から防災ヘリの手配を行うことも確認したとのこと。携帯電話の電池切れと沢筋に入ったら圏外になることを危惧して水廣さんからも電話連絡を行う
原田さん、城代さんは登攀具とツエルトを準備して弥山沢の現場に向かい、他3名はそのまま待機する。 

<城代さん記録>

原田さんと城代は弥山沢へ下る。弥山沢の入り口から上方へおよそ200〜300m位の両岸に崖が迫るところに遭難者らしき黒い影を確認、急いで登るが急斜面のため、また焦りもあり、なかなかたどり着けない。途中登りながら何度も声を掛けてみるが応答は無かった。

我々より200mくらい下方で元谷から登ってきた3人パーティーから、ヘルメットが落ちていると声を掛けられたので、事故が起きたことを伝え協力をお願いした。

10時前頃現場に到着したが、遭難者の意識はなく状態から残念ながら既に亡くなっていると感じた。

すぐに、3人組パーティーと合流しそのうち1人の方が地元の山岳会の方でしたので現場の指揮をお願いした。その頃から弥山沢の上部から遭難者の周りに落石が落ち始めたため少し脇に待避した。警察の指示で、防災ヘリが到着するまで現場で待機、途中ヘリから電話が入り状況を伝えた。ヘリが元谷に入ってきたので5人が合図を送りヘリが現場を認識したので、ローターの猛烈な風に飛ばさないように姿勢を低くした。ヘリから隊員が1名降下して遭難者の状況を確認したのち、もう1人の隊員が降りてきたらヘリが少し離れるので、その間に安全なところまで降りるように指示され、5人は弥山沢の入り口付近まで下ったが、ちょうど真上でヘリが待機していたためしばらく猛烈な風の中しばらく作業を見守った。

しばらくして、パトロール隊が5合目から元谷に下り現場にボートを持って登り返してきたので状況を伝え、下山後、大山寺の交番に来るように指示された。別山で待機していた会の3名と合流した。しばらくの後、ヘリが遭難者を収容して、米子方面に飛び去っていくのを見送った。

約一時間後、鳥取県の防災ヘリが到着。上空より、救助隊員を下ろす。<写真10:25〜5895>

しばらくして原田さん、城代さんの姿が見えたので一旦沢へ降りた。プロペラの旋回で風が起こり、時折押されてしりもちをついてしまう。沢ではしばしば落石が起こっていた。パトロール隊の人たちも到着しており、「ラク!」の声に落石を避けているがけっこう危ない。<写真10:57>

11時、作業を終えたヘリコプターが飛び去るとうそのように静かになったが落石は続いた。

 事故目撃地点の別山基部へ引き返し、どの辺りから転落したか確認したのち、別山沢方面へ向かう。斜面の下りもまたなかなか歩けず、よちよち状態で情けない。怖がって腰が引けているのでよくないのだと頭ではわかるが、気持ちと体がついていかなかった。それでもしばらくすると少しは感覚がつかめてきた気がした。<写真 IMG_5919

城代さんは計画通り八合沢を登って夏山登山道を降りる提案をされたが、時間がかかりそうなこと、雪が柔らかくなってきたのでアイゼンワークの訓練にはならないのと、事故のこともあって全員下山する気持ちが大きかったため、そのまま元谷へ降りた。<写真 p3080257 下方に沢道を尾根へ登る一隊が見える>行者谷をスキーで降りてくる人が何名かいて、気持ちよさそうだったが、雪が少なく黄砂がかかっていてすべりにくいと言われていた。

1245分 元谷 朝よりもだいぶん雪が溶けている。山の雪面が日光に照らされてテラテラととろけかけたように見えた。< 元谷小屋付近>

12:31 
 沢の雪面はぼろぼろで、落石も危険なので別山基部へ戻り、八合沢方面へ向かう。
斜面の下りもまたなかなか歩けず、よちよち状態で情けない。
怖がって腰が引けているのでよくないのだと頭ではわかるが、気持ちと体がついていかなかった。
それでもしばらくすると少しは感覚がつかめてきた気がした。<写真12:35>
城代さんは沢を登って夏山登山道を降りる提案をされたが、時間がかかりそうなこと雪崩が気になることなどにより、
そのまま元谷へ降りた。<写真10:10  下方に沢道を尾根へ登る一隊が見える>

行者谷をスキーで降りてくる人が何名かいて、気持ちよさそうだったが、
雪が少なく黄砂がかかっていてすべりにくいと言われていた。

1245分 元谷 朝よりもだいぶん雪が溶けている。
山の雪面が日光に照らされてテラテラととろけかけたように見えた。<写真13:17 元谷小屋付近>

1310分 大神山神社 神社に参拝して、雪がすっかりとけた石段を降りる。
参拝に来た家族連れの人々も多かった。
<写真13:49
1410分 駐車場を出発。空はすっかり晴れ渡って、途中振り返ってみた
大山は、なるほど伯耆富士といった端正な姿でそびえていた。<写真14:18>

伯耆富士

<感想>

今期の大山でのアイゼン歩行練習は、おそらくぎりぎりのタイミング。今回の機会を設けていただき、ありがとうございました。いろいろと反省すること、学んだことの多い山行でした。忘れっぽい脳みそに少しでも多くを刻み、今後に向けたいと思います。