九重山 大船山(東稜
平成21年6月7日(日)月例登山


段原分岐から大船山

参加者:市橋、篠田、木村ャ、、水廣、藤井(記録)5名・・・・・担当大迫


行程:

6月6〜7日 下関〜(最短距離)〜下関IC〜苅田北九州空港IC〜椎田道路〜豊後中村〜九酔峡〜男池〜白水〜今水P

6月6日(土) 下関玉姫殿(19:00)→飯田高原→今水駐車場(22:40)→テント設営(22:50)→就寝(24:00)
感想:
下関を出発する時は曇っていたが行橋の辺りから雲の切れ間から月が時々顔を見せてくれる、明日の天気は晴れると予感
思った通り九重に着くころは丸い大きな月が九重の山々を明るく照らし、そのシルエットがとてもきれいでまるでメルヘンの世界!
うれしくなる。テント設営後1時間あまり雑談をして、24時就寝。
初めて入る登山口だったので、ナビに最短距離で入力するとこのような道程になり、行きはかなり木々が負いふさがった道路だったが帰りは走りやすい道路だった。2か所入口があるので男池方面からだと、大船山・黒岳登山口の標識が反対向きにあるので見にくいが直入町に入ると、ガードのような短いトンネルがあるそこを過ぎるとすぐに小さな四つ角があり、そこを右折すれば、今水Pに行ける。
6月7日(日) 起床(5:00)→今水駐車場出発(6:00)→大船山山頂(着9:40〜発9:55)→風穴(11:40)→前セリ(12:10)
      今水駐車場着(着13:00) 一時間休憩でテントを乾かす
5時起床 テントを撤収し、パンとコーヒーで腹ごしらえをする。
天気は快晴、今水駐車場を6時に出発。林道を7分位行くと左側に登山口の標識がある。登山口に入ると間もなくカッコーが”カッコー!カッコー!”と鳴いて我々を出迎えてくれる。木漏れ日の中、朝の澄んだひんやりとした空気を胸いっぱいに吸って、下界のわずらわしいことを忘れ、青葉の香りをのせた初夏の風が汗ばんだ身体に爽やかに通り抜ける。心地よく、森林浴を楽しみながら心身共に癒される。前セリ大船山の東稜登山の始まりである。
樹林帯の木漏れ日の中を緩やかに登る。
狭い尾根の急登が始まると、紅ドウダンツツジの木々が急斜面彩り、ミヤマキリシマと岩が一段と美しい日本庭園をかもし出している。足元にはイワカガミの花が咲き、ピンクの花と青葉のコントラストが目を癒してくれる。
頂上直下の御池の手前にミヤマキリシマの群生地があり、くさボケの朱色の花もポイントになっている。
しばしここで休憩し、花を楽しむ。ここで初めて登山者に会い、写真を撮り合う。
御池には清水をたたえこの池を取り巻く自然林や岩石の配置は素晴らしい庭園をなし、趣のある池である。
大船山山頂には大ぜいの登山者で賑わっていた。山頂からは雲海の彼方に由布岳の双耳峰が浮かんで見えた。
今日は晴天で眺めが格別良いようだ。

雲海の向こうに由布岳

        御池にて
米窪の斜面、段原・北大船山のミヤマキリシマの群生に感動する。至福の一時である。頂上の360°の景色を堪能し、
記念写真を撮ると早々に下山する。

頂上                                 段原分岐から人々と北大船山斜面のミヤマキリシマ
段原の分岐にはメンバーを見失う位の人々でいっぱい、ここもそうそうに通過。

米窪                        狭いミヤマキリシマの登山道  
米窪にに沿って大きくなったミヤマキリシマ等の木々に体をぶつけながら掻き分け狭い登山道を行く。木々の背が高くなり、少し歩きやすくなると急下降が始まる。やせ尾根を風穴へ向け下山していたのでが、腹が減り中途半端な場所だったが昼食をとることにする。
風穴の分岐・前セリの東稜分岐から往路を下山、今水駐車場へ着く。
少し早い下山時間なのでテントを乾かしコーヒーを沸かして一時間休憩することにする。
今日は天気も良く、九重山は山開きで大勢の登山者を予想していたが今水からのルートは登山者も少なく大船山山頂までは静かで花々を愛でながら心身共に癒される楽しい登山をすることが出来ました。
担当の大迫さんが急きょ参加出来なかったのが少し残念でした。