平成22年11月月例登山記録

日程 平成22年11月19〜21日

山名 小五郎山〜容谷山(山口県) 青野山(島根県津和野)

参加者 原田俊(CL)宮元(装備)植村(担当・食糧)水廣(記録)

11/19

下関市小月集合(20:00)→小月IC→中国自動車道→六日市IC→深谷大橋P(21:45)

 

山岳会11月の月例登山は毎年恒例のボッカトレ山行だ。今年は小五郎山〜寂地山を2日間で縦走する計画である。予定の時間に参加者4名が集合、順調に中国道をとばし、

深谷大橋そばの駐車場に到着。テント設営。

11/20 晴れ

深谷大橋P→向峠(7:30)→林道→小五郎山山頂(9:45-10:15)→カリマタノ峠(11:00)→分岐(13:30)
容谷山
(13:45)→容谷山南尾根→車道(16:00)→寂地峡キャンプ場

6時起床 朝食後テントを撤収し、車で向峠まで移動する。
朝方気温が下がり冷え込んだ。あたりの田んぼも霜がおりて一面真っ白。でも天気は良い。

実は昨夜のうちに計画の一部を変更した。夜、テントに入ってしばらくすると「こんばんは」と思わぬ訪問者が。巡回中のお巡りさんで「ここらは野生動物がでます。今年は街でも熊が目撃されてます。対策をしっかりして十分注意を」とのことだった。もちろん中国山地やこの山域にツキノワグマが生息していることはよく承知していた。熊と遭遇しないための対策や心構えはしてきたつもりだ。
ただ、出会ってしまったら何ができるだろうか?
特に今年の熊の異常行動ともいえる騒ぎは気になった。
結果、4人で相談し、山中のキャンプは中止し日帰り行動に変更したのだ。

 7時30分、向峠クリーンセンターのスペースに駐車し、登山開始。民家の間の道を山へと進む。
竹林に入ったところで獣害防止の柵がしてあり、扉を開けて林道を進んでいく。
舗装された林道をしばらく行くと山へ入っていく登山道があり、杖代わりの木の枝があったので思わず一本手にとる。もし、熊がでてきたらこれで闘えるかも?

 松と広葉樹と植林のコントラストの美しい山道を快適に登っていく。紅葉はもうほとんど葉を落としているが、日が差し込んで明るい。
展望がきいて景色がひろがるころには、登りもかなりしんどくなる。
小五郎山といえば掻き分けるようなクマザサの印象があったのだが、
きれいに刈られ登山道は快適になっていた。
9:45 小五郎山山頂。

天気は良いし、荷物もないから気分もいい。思わずのんびり山頂でくつろぐ。
小五郎山へは向峠のコースのほか、最近、鉱山跡コースができたということだったが、ちょうど一人登山者が登って来られ、登山口から約2時間くらいのコースとのことだった。

再び、稜線を北に進む。やせ尾根の縦走路は眼下の景気も見渡せ爽快である。
もう少し季節が進めば樹氷や霧氷も楽しめそうだ。ただ、このものすごい急な下りは気が抜けない。
落ち葉で覆われた道は滑りそうで気を遣う。
ゆったりとした鞍部につくと、「カリマタノ峠」と表示板がある。
ここで宮元さんが水を汲みに行くと植林地の中を下っていく。その間腰をおろし休む。
反対の河津の斜面から涼しい風が吹き上がってくる。
しかし、その風を寒く感じるころになっても宮元さんが帰ってこない。呼んでも返事なし。
「こりゃ、クマにでもおそわれたかな?」と植村さんがのんきに冗談にならないことを言う。
いよいよ心配になって迎えにいこうとしたところ、宮元さんが汗をかきながら無事帰ってきた。

鞍部を登り返すと展望がまた開け、容谷山も大きく見えた。
雁又尾根といわれる容谷山分岐への急登の前に大休止とする。
日当たりがよく落ち葉の絨毯が気持ちいい。
あまりに気持ちが良いので、誰ともなく、「やっぱりテント持ってきて縦走すれば良かった。」
「ツエルトとシュラフがあればビバーグしてもいい」という話になる。
なんだか今日は山から下りるのは惜しすぎるという気分なのは4人とも同じ気持ちなのだ。
「熊が、熊が・・・」と不安を前面に主張してしまった私は少しだけ申し訳ない気持ちになった。
確かに、昨夜のうちに結論をださずに、今朝決めていれば違う選択になっていたかもしれない。
剣道有段者の宮元剣士にクマ退治はまかせておけば良かったなぁ。

名残惜しさを捨て容谷山への登りに取り掛かる。いつ登ってもこの登りは手加減してはくれない。
足元は滑りやすく、クマザサや木を頼りに体を上へ運ぶ。
ところどころには手がかりのロープが設置されていた。
分岐に登りきると誰かが「やっぱり荷物なくて良かった」といって全員でうなづいた。

分岐を左に進むと本来の予定の藪ヶ峠へ、右に進むと容谷山へ。
今日は下山後の車道歩きを考えて容谷山から南尾根を下ることにする。
13:45 容谷山頂上。
下りのコースは登山道はないが、藪の中に踏み跡と赤テープが確認できる。
クマザサをガサゴソいわせながら下っていく。
784.4ピークあたりまでは地図上での位置確認はできていたが、やがて赤テープを見失う。
尾根の選択に迷うが、正面に目標物の農場の建物も見えているので、ほぼ間違いないだろう方向に下っていく。登山口の向峠の方向を考えて西よりにルートを選択したが、実際は784.4ピークあたりで東側へルートがあるようだった。
車道へはガイド本の『容谷2号橋』に出ず、『容谷1号橋』にでてしまった。

時間は16時になっていた。
ここからの車道歩きが、2時間かかるか、3時間かかるかと思うと疲れがでてくる。 
ところが! なんともラッキーなことにそこへ工事現場へ向う一台の軽トラに遭遇する。
帰りに向峠まで送っていただけるとのこと。ご親切に心から感謝する。なんともついている。
原田さんが車を回収して、その間
1時間歩いたところで、全員車中の人となる。
実際歩いてたら、日が暮れて、道端でビバーグになっていたかも知れない。
今日は寂地峡キャンプ場にテント場を移動する。

 今日の夕食は「いも煮」。移動途中に仕入れた現地食材ヒラタケも投入。
阿東産コシヒカリのご飯も炊き上がる。ビールもあけながら明日の予定の相談となる。
ボッカトレ山行はもはや自由山行となった。少人数のパーティーはこういうとき話が早い。
結局CLの英断で青野山に決定。
その後順調にアルコール類は消費され、無くなったのを確認して就寝。

 
 

11/21 晴れ

寂地キャンプ場→青野山登山口(8:15)→青野山(9:40-10:30)→青野山登山口(11:20)→津和野→須佐→下関

寂地キャンプ場を後に島根県津和野へと向う。
車道から舗装された林道を進む。登山口には駐車場ときれいなトイレが整備されていた。
(8:15)よく整備された登山道を登り始める。少し登ったところで、崩れかけた三角屋根の小屋とトイレがある。その後杉の植林地をまっすぐ100m登る。
その後100mごとに「ファイト」と地元の小学生が設置したプレートに励まされながら登っていくと、やがて展望もひらけ、津和野の街を見下ろすことができる。
晩秋の山は本当に景色が良い。
青野山の山頂はひろびろとしてのんびりモードのスイッチが入ってしまう。
湯を沸かしコーヒーを飲みながら次の予定の相談。宮元さんのぽつりと言った「魚、刺身が食いたいなぁ」の一言で日本海へ向うことが決定する。
もう脱線街道まっしぐらという感じだが、「まぁたまにはいいんじゃない」とか
「文化的登山のススメ」とかよくわからないけど、まぁいいか。

青野山頂上には様子の良い松の木が一本ある。今夜あたりが満月だから月夜の山頂もいいだろうなと思いながら下山する。

 山口市阿東町を通過し萩市須佐の駅前の情報により活イカ料理で有名な「梅乃葉」というお店を教えてもらう。須佐駅からはすぐ近くで、お昼時のお客さんで賑わっている。

席に着くとまず「ビール」を。それぞれ「活イカ定食」「刺身定食」「まかない丼」を注文。
日本海の海の幸を満喫した。宮元さんの手元にはいつの間にかお銚子が一本。
満足そうな顔に、たまにはこれもアリですよね。

 萩市から長門市、美祢市を経由し下関市小月へ帰着。