2010年5月登山教室
十方山縦走 ( 1317m 広島県 )


13:14 山頂
日時:H22年5月23日(日)雨
            参加者       
A 班 B 班 C 班 D 班
 山根一彦 CL  原 秀孝 会計  山本静雄 会計  岸田美智子 記録
 神はるみ  中川 孝  早川南図子  杉本美津恵
 益田博史  斉藤千晴  西村千津子  岡崎健
    植村直美  森安龍夫  柳井研二
 大迫淳一 SAC  松原信行 SAC  濱口繁寿 SAC  市橋千賀子 SAC
 細川 功          
7:00 山口銀行裏を出発
9:30 中国自動車道 戸河内ICより、R191⇒県道252線へ左手に川を見て狭い急な坂を上っていく
9:50 内黒峠駐車場着 小雨の中シッカリ雨支度に整える。
10:05 登山開始。柔らかい落葉を踏みしめ杉林の中を行く
10:35 彦八(1166m)にて小休止 立派な標識が建っている ミズナラの巨木を見る

  
10:38                11:03
11:05 彦八の頭(1151m)小休止 立ったまま水分補給をする 
     横をあっという間に黒いウサギが走り去った
11:25 鞍部、二軒小屋への分岐   この辺りには白い雪笹が咲いており ギンリョウソウもみかけた
11:40 休憩  皆立ったまま行動食をとる  何箇所か笹が刈られ立ち木が切られている 何のため?
12:30 丸子頭の標識を右に見て直進
12:33 那須分れ、前三ツ倉(1312m)

 
11:24                   12:32
12:50 奥三ツ倉(1322m) ガイド本によると[倉]には岩山という意味があるとのこと
    道の中央にどろ水の窪地があり、深さが解らず横の笹を掻き分けて進む

 
12:48                  13:14
13:15 十方山山頂着
    西中国一と言われる展望も、全く無く 写真を撮って二軒小屋への道を進む
    少し下った所で「ツエルト」を張って昼食にする  テルモスの暖かい飲物で一息つく

 
13:37               14:55
13:55 下山開始  樹林帯の暗い急な下りは、雨で川の様になっており 木の根やゴロゴロ石もあり
      全く足元から目が離せない  右手に沢が見えてくる 壊れた橋を渡る
      大きな丸いシダの様な葉の名前は?
15:00 水越峠登山口 旧恐羅漢山への登山口になっている 
15:35 二軒小屋着  広い駐車場でトイレ有
15:55 バス出発
16:30 戸河内IC ・鹿野SAにて休憩
18:55 下関着、解散
新緑を楽しむことが出来ました。宿題に出ていた私の予測では上り6.5km 下り4.5km
高低差350m位で、昼食は山頂ではムリだなと思っていました。上りは20m~100mの
アップダウンが、10回位ありましたがとても歩き易い道でした。
10年前の雨の日に、数メートル先から香っていたピンク色のササユリに会えなかったのが心残り
です。1ヶ月早かったようです。
西の十種ヶ峰 青野山、北の恐羅漢山を望みたいものです。