2010年6月登山教室
恐羅漢山1,346.4m(広島県廿日市市、島根県益田市)
平成22年6月20日 (日)    曇り時々晴れ
        参加者 
A班 B班 C班 D班
村上泰士  CL 西尾淑子 早川南図子 会計 植村直美  記録
山本静夫 神 はるみ 会計 斎藤千春 杉本美津恵
益田博史 神 康明 岡崎 健 山根一彦
      柳井研二   
細川 功  SAC 大迫淳一  SAC 中村節子  SAC 市橋千賀子 SAC
7:00 山銀本店裏出発
  下関IC~美東SA,吉和SAでトイレ休憩~戸河内IC
10:00 牛小屋高原登山口着  先月二軒小屋の除雪車の車庫で着替えの時に板を貸してくれた男性が
  草刈りで来ていて、私達の事を覚えていてくれた。
10:20 登山開始  スキー場を左に見ながらみずみずしい緑の中を歩く。
10:45 夏焼峠(夏焼けのキビレ) 
  このあと急な登りが続き汗が噴き出してきた。
11:00 早午のキビレ キビレは峠という意味らしい。
         
11:05 休憩 蒸し暑くて虫が寄ってきた。
  ウグイスが縄張りを主張しているのか上手に鳴いている。
  牛小屋高原との分岐点
11:40 台所原分れの標識
11:45 恐羅漢山 山頂到着 岩が積み上げられている。 展望が良い。
  他の登山グループの人達が先に到着して昼食タイム中。頂上は大賑わい。
  私達もここで昼食をとる。
12:25 出発
  湿地帯に入りジャングルのような大きな葉がたくさんある。
12:50 旧羅漢山 1,334m 到着
  ここも人がいっぱい。A班は果敢にも巨岩に登っている。
  別のグループの人達からオオヤマレンゲが咲いているとの
  情報が入り、見に行ってみる。
  ちょうど巨岩の裏側にあたる場所にレンゲという名前だけど
  ツバキのような可憐な真っ白い花が咲いていた。
13:05 出発
  緩やかな下りが続き、緑のきれいな樹林帯を歩く。
  野鳥の声を聞きながらとても気持ちが良い。
  しばらくすると急な坂道が始まる。
  足元が悪く滑りやすい。
14:00 水越峠登山口で林道と出会う。
  この先は先月通った横川川沿いの林道を二軒小屋駐車場目指して歩く。
  山の中ではまだ蕾だったヤマアジサイがここでは綺麗に
  咲いていた。
14:30 二軒小屋駐車場到着
14:50 バス出発
  戸河内IC~鹿野SAで休憩~下関IC
17:45 海峡メッセ到着、解散
【感想】
梅雨の真っただ中、雨だろうとあまり期待していなかったけど、陽が少し差すくらいのまずまずのお天気に恵まれ水をたっぷりあびた緑のキレイな木々の中を歩き、野鳥の声を聞きながらの癒しの山歩きとなりました。恐羅漢山はスキー場のイメージが強かったけど、たくさんの登山者がいて驚きました。他のグループの人達に出会ったおかげでオオヤマレンゲを見ることができたのでとても良かったです。