平成23年6月登山教室
下関山岳会登山教室     十種ケ峰 登山報告書

日 時:平成230619日(日)  天候:曇りのち雨

目的地:山口県阿東徳佐   十種ケ峰(989m)

参加者  

  A班 柳井(CL) 神 斉藤 水廣(SAC)

B班 森安(会計) 百合野 西村 西尾 山本 京野(SAC)

C班 岡崎(会計) 小原 原 早川 松本(SAC)

D班 岡部(記録) 山根 中川 佐々木 細川(登山教室講師)

       林(運転)

行程記録

  6:58  班内メンバー・登山口変更後、出発。

  7:10 椋野インターへ入る。小雨がやむ。

  7:46 小郡インターを出、国道9号線を走る。

  8:18 道の駅長門峡到着。            8:30 道の駅長門峡出発。

     8:45 国道315線。陽が差しだす。

  9:15 神角登山口出発。

  9:30 5分間休憩開始。

  9:50 林道到着。                  10:10 林道出発。

    10:20 鳥居到着。5分間休憩。

  10:45 十種ケ峰頂上到着。

   11:00 食事開始。食事後、講座で以下のことを学習する。

     ・怪我をした時 足の骨折  ソーイングテープでおんぶをする方法。

             手の骨折  シート等で指の先からくるんで固定する。

     ・くつひものほどけない結び方。 

   12:00 出発。

  12:15 5分間休憩。

     エゴノキ・ツルアジサイ・またたび・やまほうし等の花を愛でながら下山する。

  13:00 青少年野外活動センターの近くに到着。

     「おとしぶみ」という甲虫類の卵の入っている物の紹介を受ける。

  13:15 発車。国道315線から国道9号線へ。

  13:35 雨が降り出す。

  13:45 道の駅長門峡着。15分間休憩をする。

  14:20 山口ふれあい館到着。入浴料100円。ロッカー代10円も後戻って来る。

  15:20 小郡インターに入る。

  16:00 椋野インターを降りる。

  16:11 ハローディ横駐車場前到着。

 今回は「雨の中の山行か」と思いつつ、霧雨の中、傘をさして集合場所に向かった。
 しかし、不安定な天候のため計画が少し変更となったことと、山を歩いている間中、
 雨が降らなかったおかげでとてもゆとりある山行となった。

 十ケ峰には積雪時に登ったが、その時よりくねくねと登っているような気がした。
 しかし、もう少ししたら林道に出るとか鳥居のある所に出るなど予想でき、
 予想した物に出会うとほっとし、同じ山に登るのもいいものだと感じた。

 時間的にゆとりがあったので、上記したように怪我の時の簡易処置方法等について講義があった。
 それだけでなくコンパスの使い方等について身近な人に気軽に質問でき、復習がしっかりでき、
 私にとっては収穫大であった。

 下山時には6月山行計画書に引用された文章のごとく白い花(エゴノキ&ヤマボウシ)
 を多く見ることができた。

 細川先生より「おとしぶみ」という葉っぱがきれいに巻かれているものをいただいた。
 この中には、甲虫類の卵が入っているとのこと。さて、どんな虫が誕生するのか
?
 インターネットで調べるとわかると思うが、今回は待つこととする。