平成24年1月正月合宿登山
山名 大山 (鳥取県)
期日 平成23年12月31日~平成24年1月2日
参加メンバー 井上、伊藤、宮元、藤田優、原田俊、山根、濱口、森永、木村、市橋、藤井、松本
12月31日 AM11時小月ホーム~下山P・・・テント泊
1月1日 夏山登山口~頂上~元谷~大山寺~下山・・・テント泊
1月2日 大山寺~溝口IC~小月IC

12月31日
午前11時に 小月ホンダを出発 
一週間ぐらい前に 雪は降ったのみだったので このまま高速で行くつもりだったが さすが山陰!!
路肩の雪も次第に多くなり このままでは行かれないだろうと 庄原インターで降り 国道183号線で行くことにした。         
16時45分 下山キャンプ場到着   

溝口インター入り口付近から 見る大山は雲ひとつ無い青空の下 「これでもか~~」と いうほどにその雄姿をわれわれに見せ付けてくる 思わずにんまりしてくる・・でもなぁ~~ 明日から天気は崩れるとの事 こんないい天気の日に登りたかったな~ とため息一つ 一般道は このインター付近でも積雪は無く 雪の具合はどうなんだろうと少し不安になるが 大山寺が近づくとその様相はガラと変わり上も下も右も左も白一色の世界となり 見た目にも「おお~~雪あるじゃん」南光河原駐車場はほぼ満車のようだが 下山は先客が一組だけ。除雪して無い駐車場にテントを張らせてもらう。
テント設営後は食事兼宴会となる 8人用テントに12人入っているものだから 体勢を変えるのもできないほど・・・
それでも おいしい料理とたっぷりのアルコールで有意義な時間をすごした

12月31日16時36分 伯耆富士大山(桝水高原スキー場と大ノ沢方面)

1月1日曇り
710 出発~925 6合目小屋~1100 山頂避難小屋~1255 行者谷別れ~1345 大神山神社~1420 下山キャンプ場 夜中に少し雪が降ったようだが朝方にはやんでいる 昨日と違って曇り空 最初の予定では 夏道往復コースと 宝珠尾根から三鈷峰コースとにしていたのだが ここ最近の気象状態や雪の具合を検討して 全員夏道コースを登ることとなった積雪は登山口付近でもたっぷりあり 昨日夜半に降った雪もそれほどではなく トレースもあり順調そのもの!!ただ 昨日までの好天気とちがっての為か それほど多くの人にも会わず 静かな山登りを楽しめた 6合目からは いつもの事ながら風が強くただただトレースを踏みしめてのぼるのみ・・・ 小屋でひと休憩した後 山頂まで上り記念写真を撮った早々に下る。下りは夏道に行かず元谷へ降りる こちらも積雪は十分で シリセードで降り時間を稼ぐ もちろん 下山後の宴会の時間を稼ぐためもあるのは否定できない


夏道登山道    7時49分~59分

左写真は12時31分下山の夏道6合目避難小屋前にて右写真は登りアイゼン装着9時32分

大山山頂 11時59分              元谷13時23分

大神山神社13時43分
大神山神社で初詣を済ませる ここでメンバーがタバコを吸っていると 神官の人にこっぴどく注意される しかも ずっと睨み付けてくるので お賽銭を用意していたのだが そんな気持ちは失せてしまいそそくさとその場を後にするもちろん 酒を仕入れるのを忘れることなく すぐに夕食兼宴会へと突入する今日は 一人お客さん(吹野さん)が来られて 以前から大山方面に来たときはよくお世話になって要るそうです。
宴会は昔話に花が咲き昨日よりもにぎやかな感じで盛り上がっていきます。 

1月2日雪後曇り
 600 起床~825 撤収・出発~1200 七塚原SAで昼食~1545 小月ホンダ
天候は昨日夜半から雪が降り続け 下山周辺でも30センチくらいの新雪があった今日登ったら トレースもまた感じが違って厳しくなってるんじゃなかっただろうか 多少の名残惜しさを胸に持ちながらテント撤収


7時44分テント撤収       下山Pにて       7時51分・・・記録担当松本氏撮影
一路下関へと向かう     (記録松本)