平成25年夏山合宿

日時 平成25年8月14日〜18日

山名 三俣蓮華岳〜雲の平〜鷲羽岳

参加者 江頭 宮元 原田 水廣 京野

日程

8/14 小月ホンダ⇒小月IC⇒高山IC⇒新穂高温泉⇒登山者指導センター⇒わさび平小屋

8/15 わさび平小屋⇒小池新道登山口⇒秩父沢出会⇒シシウドが原⇒鏡平山荘⇒弓折乗越

   ⇒双六小屋⇒三俣山荘

8/16 三俣山荘⇒黒部川源流⇒雲の平⇒祖父岳⇒岩苔乗越⇒ワリモ岳⇒鷲羽岳⇒三俣山荘

8/17 三俣山荘⇒三俣蓮華岳⇒双六岳⇒弓折乗越⇒鏡平山荘⇒シシウドが原⇒秩父沢出会⇒

   ⇒わさび平小屋⇒新穂高温泉

8/18 新穂高温泉⇒高山IC⇒小月IC⇒小月ホンダ

記録

(8月14日)

0:30 小月ホンダを出発。

深夜の出発だが、眠気を感じないほど気分は高揚している。
天気予報では連日晴天である。
あくまで予報で、どうなるかわからないのが山の天気だが、それでも連日天気と予報がでると、出発時の気分の高揚感は違う。

13:00 新穂高温泉登山者用無料駐車場着

ラッキーなことに駐車所に空きがあった。
新穂高ロープウェイ乗り場の食堂で昼食をとり、
14:20左俣林道へ向かう。
歩くこと1時間半、美しいブナ林の中に目指すわさび平小屋が。

15:35わさび平小屋着

(8月15日)

5:00 わさび平小屋出発

しばらく単調な林道が続くが、標高が高いだけ朝の冷えた空気が心地よく気にならない。

5:30 小池新道登山口着

ここから本格的な登山のはじまりである。潅木帯とガレ場を登る。

6:10 秩父沢出会着

西日本では水不足が問題となっているのに、ここでは轟々と雪解け水が流れていた。
水は
10秒と手をつけていられないくらい冷たかった。

6:20 シシウドが原着

潅木帯をぬけ、開けた草原にでる。シシウドが原である。
穂高連峰から焼岳、乗鞍岳へかけての展望がひろがっていた。

   
鏡平

7:40 鏡平山荘着

小屋の手前に鏡池があり、そこのテラスからは槍、穂高連峰を望むことができた。


弓折分岐

9:55 弓折乗越着


ミヤマツメクサ                   ホソバトリカブト

オヤマリンドウ                    ハクサンイチゲ

チングルマ&イワカガミ                   コバイケイソウ

ここからは槍、穂高の山並みと平行しながらアップダウンを繰り返しながら進む。
途中残雪があった。
西日本は記録的な猛暑というのに、雪の上を歩けるなんて贅沢の極みである。

11:20双六小屋着

休憩をとった後、双六岳から三俣蓮華岳に続く山並みを見ながら巻き道を進む。

15:30 三俣山荘着

(8月16日)

5:00 三俣山荘出発


5時の槍ヶ岳方面             黒部川源流
5:30 黒部川源流着

7:00              8:36

ここから急斜面登る。ここを登ると雪渓があり、それを通りすぎると日本庭園が広がる。

7:20 祖父岳分岐

ここから雲の平が一望できた。穏やかに続く木道を歩く。

8:10 雲の平山荘着

お花畑を眺めながらしばらく休憩。雲の平山荘は、とても綺麗でおしゃれだった。
ここからは来た道を戻り祖父岳へ向かう。

9:45 祖父岳分岐

急登を登ること30分、祖父岳山頂へ。

10:10 祖父岳山頂

山頂からは水晶岳と、今から目指す鷲羽岳の雄大な姿がくっきりと見えた。一旦下り、
ワリモ岳分岐へ。分岐からは急登が続く。

12:00 ワリモ岳着

ワリモ岳の山頂標識はピークではなく、一段下がった巻き道にあった。
最後部は登れそうであったが、降りるのに難儀しそうだったので省略した。
なだらかな尾根を行く。


12:51鷲羽岳山頂

12:55 鷲羽岳着

今日も晴天で360度視界が開けていた。
しかし、ここからの下りは急なガレ場で、結構難儀であった。


12:55鷲羽岳山頂より展望

14:00 三俣山荘着である。

(8月17日)

5:00 三俣山荘出発

今日は一気に新穂高温泉まで下山。
三俣峠から三俣蓮華岳に登る。
といっても峠から山頂まではたったの12分である。

5:55 三俣蓮華岳山頂到着


三俣蓮華岳山頂付近の標識
行きは巻き道を通ったが、帰りは尾根をとおり双六岳を目指す。
緩やかな尾根である。

広々とした尾根を双六へ

7:25 双六岳山頂着
ここからの眺めはすばらしく、多くの人が休憩を取り感歎の声をあげていた。
ここからは往路と同じコースを通る。

9:55 鏡平山荘着

行きと同じく、鏡池に映る槍、穂高の山並みはすばらしかった。
この風景は何度見ても見飽きることはないだろうし、
見るたびに新たな感動が覚えるものだろう。

12:50 秩父沢着

行きは早朝に通ったので秩父沢の美しさに感動しただけであったが、
帰りはしみじみと有難さを感じてしまった。
しびれるような冷たい水でほてった顔を洗うと生き返るようだった。

14:15 わさび平小屋着 

わさび平小屋から新穂高温泉まで、結構距離がありきつかった。
行きは期待で胸がはずんでいるので、距離はかんじなかったのだが。

16:00 新穂高温泉駐車場着

下山後、合掌の森キャンプ場に宿泊。

(8月18日)

2:00 新穂高温泉出発し、15:00無事小月ホンダ着。

本当に天気に恵まれた夏合宿でした。
槍、穂高の山並みを写す鏡池、天へと続くような三俣蓮華岳の白い尾根、
その名の通り青い空に翼を広げたような鷲羽岳、祖父岳から見下ろす日本最後の秘境
雲の平、目にする景色すべてがまるで絵葉書のようでした。
家に帰って写真集をみると、「この写真どおりの風景を自分は見てきたんだ」と
妙に感動を覚え、目頭が熱くなりました。