登山教室7月例会登山  
                         平成26年7月20日(晴れ)
山名  青野山(907.6m)津和野城跡(340m)島根県津和野町
参加者

A班   西村(CL)早川 斎藤 柳井 岡崎(会計) 神 遠藤公 森永sac

B班   西尾 日高 杉本 原(会計) 百合野 山本 山中(記録)山根sac

記録
07:00山銀本店出発

07:52山口ICから国道9に入る。

08:10道の駅「長門狭」にてトイレ休憩

09:11駐車場到着、トイレもあり、駐車場が広く整備されている

09:25登山開始、山頂まで1.4kmと標識がある

09:461回目の休憩:外気温が26度であり、風がなく、汗が噴き出る登山開始となります。
   途中、100mごとに津和野小学校の手書き看板が、あと○○mと標識を見ていく。
   下草刈りをしたばかりであろう、登山道の確保と整備がなされていた。
   支尾根に出るまでは、斜面をつづら折りに登っていきます。
   支尾根に出ると、反対かの斜面との風通しが良くなり風が少し出てきました。

10:02 小休憩、ヒヨドリバナを発見しアサギマダラが一匹飛んでいました。
    羽が傷んでおり北上が遅れたようです。
10:14 標高711mを通過、ここで、青野山の標高907mから、あと標高差約200mとし、
    200m/20分標高100m当り=40分で、
    11:00頃に山頂到着を予測計算を数名でしました。

    ウグイスソウ、ハナイカダ、オカトラノオ、ウツボソウを発見

10:52青野山に到着、記念撮影後、祠の隣で昼食、マクワウリの差し入れを頂きました











11:32
昼食後出発、笹山駐車場へ降りる。
   途中2回ほど滑りましたが難なくを得ました。
   後ろが、転んで体の向きから下方向へそのまま転び落ちそな転び方でしたので、
   腕を差し伸べ転倒を止めたところもあります。

12:30笹山駐車場に到着。
   ここには鳥居がありますので、下り道は、青野山への参道になっているようです。

12:45稲荷神社駐車場に到着し、ここから津和野城跡へ登山です。

12:52登山開始、中国自然歩道の標識があります。

13:30津和野城跡の最上部に到着、登った青野山に雲がかかってました

14:24神社駐車場到着

道の駅「なごみの里」で、入浴と神楽を拝見

15:40「なごみの里」を出発

16:58美東SA

17:53海峡メッセ通り到着

感想
本日の山行は、夏登山の登り方です。
登山速度、休憩の時間タイミング、水分補給、熱中症予防とミッションは数多くありました。
汗をかかない登り方では、いかにマイペースの維
持ができうるかとなります。
そのマイペースを作るのに、1つは山野草の発見があります。
なんといっても日常では見かけない花々の発見は、いい登山スペードを維持させます。
花々を発見したら前後の人へ教えてください。
また、最近では、スマホと連動し、手首に装着して
脈拍数を時間とともに表示・記録する器具があるようですので、
体調管理に使うことが出来るのではないかと考えます。

服の中の熱放出は、首の襟周りを手で広く開けると換気が速くおこなられますし、
手袋は、下着1枚分に相当する体温を持ちますので、素手での登山も夏山には必要です。
汗は、こまめにぬぐいましょう。

事前情報として、
山本氏が新しい林道整備による駐車場の位置や城跡からの登山道の通行止め情報など
津和野町の商工観光課に問い合わせをしていただき山行工程に役立てることが出来ました。
小さい町なので、実際は課から役場の中で知ってる人に情報を得て回答があったみたいです。
インターネットの時代ですが人情報の最新情報にはおそれいります。

山行時間計算は、予定を立てる登山計画書とともに山行中に概略を把握し、
到着予定時間や通過予定時間との差異により、当日の時間管理が余裕があるのか、
急がないといけないのか、大いに役立つ計算式であります