平成27年9月秋山合宿
下關山岳會秋山合宿     月山・鳥海山・早池峰山登山記録
                         (1,984)  (2,236)    (1,917)
1 日 時  平成27年9月18日(金)〜24日(木)
2 参加者  CL 井上・担当:岡本・装備:宮元・食糧:木村ヤ・本山・会計:市橋・記録:江頭・他1名
3 行 程  
9/18(金) 下関駅806820小倉駅828(こだま861845博多駅〜
             
930福岡空港1030ANA1275便)〜仙台空港1240
             (レンタカー)
仙台空港13101645弓張平オートキャンプ場(0237-75-2003
9/19(土)5時起床 晴れ時々曇り(山頂付近は雨
         弓張平オートキャンプ場700720月山姥沢駐車場735750リフト下駅755
         810リフト上駅815〜姥ヶ岳850〜牛首9351050月山頂上1120
     
〜牛首1220〜牛首下分岐12451400月山姥沢駐車場1415
         〜弓張平オートキャンプ場1435  志津温泉 
 月山
     出羽三山の主峰。姥沢コースを登る。
     姥沢駐車場から10分でリフト下駅、15分位で上駅に着く。標高1,510m。
     全山の紅葉に感嘆の声を上げ、歩きだしたら雨。終日雨具を着けての登山となる。
     登山道は、石畳と木道で整備されている。
   頂上付近で雨脚が強くなり、月山神社
で、記念撮影をして急ぎ下る。
   下りは牛首から下牛首の道を
リフト下駅に下る。
   木道は、雨に濡れてすべり、歩きにくく神経を使う。
姥沢駐車場の着くころに雨が上がった。
   バンガローに帰り志津温泉行く。温泉に入り濡れた衣服を着替え人心が付く。
   後のビールのうまいことは言うまでもない。
   バンガローは風呂・台所に炊飯器もあり充実した施設だった。(
10,000円)

  ※ 標高差 474m  所要時間 6時間25

9/20(日)    5時起床
        弓張平オートキャンプ場620〜羽黒山1120〜祓川キャンプ場1440
9/21(月)           4時起床 
        祓川キャンプ場540〜賽ノ河原630735七ツ釜避難小屋745〜氷ノ薬師930
        1110七高山1130〜新山12051240七高山1250〜康新道分岐1300
        1420七ツ釜避難小屋1440〜賽ノ河原1530〜祓川キャンプ場1610
 鳥海山
      出羽富士・秋田富士と呼ばれる秀峰である。今日は快晴。祓川コースを登る。
      駐車場から祓川ヒュッテ(改装中)の前を通り、龍が原湿原の中を伸びる木道を行く。
    石段の登り坂から湿原状の草地を絡んで登ると七ツ釜避難小屋に着く。

      避難小屋の先で康新道と分かれる。
    鳥海山(七高山)の頂上が手に取るように見える。雪のない大雪路を過ぎると氷の薬師。
    ここから厳しい登りで、ガレ道をつづら折れに登れば頂上である。
    常に頂上を目の前に見ての登りはやはりきつかった。

      3人は最高点である岩峰の新山に向かう。
    急なガレ場を千蛇谷に下り、巨岩をよじ登れば頂上に着く。頂上は狭く記念撮影がやっとの広さ。
    七高山まで往復
1時間10分。下りは康新道をとる。距離は長いが歩きやすい道である。
    避難小屋で合流し、登りと同じ道を、展望を楽しみながら下る。
    テント泊。
    夜空に瞬く星が近い。北斗七星・カシオペア・オリオンなど探す。

※ 標高差 1,056m  所要時間10時間30


祓川キャンプ場                               竜ヶ原湿原を行く5:51
 
賽ノ河原付近を行く6:57                   中腹より頂上方面7:57

中腹を行く8:15                           11:23七高山山頂  

新山より七高山方面              七高山から新山

12:09新山山頂                祓川キャンプ場17:06

9/22(火)    5時起床
      祓川キャンプ場700〜小岩井牧場〜うすゆき山荘1610

9/23(水)    4時起床    
      うすゆき山荘510520河原の坊駐車場(コメガモリ沢コース)530
       〜こうべごおり(水)7001,600725955早池峰神社1025
    
八合目天狗ノ滑り岩のクサリ場 1045〜五合目御金蔵1115〜二合目1145                 〜一合目御門口12101240小田越12451315河原の坊登山口1320
       〜うすゆき山荘1325  ぶどうの湯
 早池峰山
      北上山地の高峰。エーデルワイス(ハヤチネウスユキソウ)咲く、岩礫・岩塊の山。
      今日も快晴。河原坊コースを登る。
      河原坊からコメガモリ沢に沿って登る。
    樹林の中を、沢を何度か渡って登ると
岩のゴツゴツする急斜面となり、
    最後の水場頭垢離(こうべごうり)に着く。

      ここから、岩尾根となりほとんど露岩帯で、急峻になる。
    落石に気を付けながらの神経を使う登りである。下りには使いたくない。
    上部は巨石の岩場をよじ登って、頂上に飛び出す。頂上は広く早池峰山神社や避難小屋がある。

      下りは小田越コースを取る。頂上から東に向かい、少し行くと長い鉄梯子のある天狗ノ滑り岩の鎖場である。  
    梯子はしっかりしており恐怖感はない。
    巨岩の間やガラ場等の岩礫帯をひたすら下り、六合目の龍ガ馬場、五合目の御金蔵と過ぎ小田越に着く。
    車道を
30分歩いて河原坊に着く。
    うすゆき山荘に無事帰着。昨日、車窓からちらっと見た「ぶどうの湯」を、
    さがしさがしてホテルの日帰り入浴をみつけ入る。
    宿泊所のうすゆき山荘(無料)は河原坊に近くこじんまりとしている。
    前日は同泊者
1人、今晩は独占なので地酒・ワインで盛り上がる。

    ※ 標高差 867m  所要時間7時間45


6:47                                                    6:56

7:20                                    8:42

9:30                                    10:04

12:50  小田越より河原坊Pまで2.5kmを歩く                   17:04うすゆき荘から早池峰を望む
9/24(木)    3時起
   うすゆき山荘335〜仙台空港700〜仙台駅8061028東京駅〜羽田空港JAL 12201410福岡空港
  〜博多駅
14581528新下関駅
  (岡本:一の関、井上・市橋:仙台空港、宮元・本山・木村:仙台駅、松坂:羽田空港でそれぞれ分れ帰還)
 レンタカーを使って移動、登山、宿泊(バンガロー・テント・山小屋)、を繰り返し
  
67日で東北(山形・秋田・岩手)の三山に登った。
  月山の登山日を除けば、移動日を含めすべて好天に恵まれた。
  移動日には羽黒山や小岩井農場なども観光し、名物も堪能した。ゆったりとしたいい山行であった。
  担当の岡本さんの綿密な計画と手配そして実行に深く感謝する。