平成28年2月例会登山
山名 九重山中岳
日時 2月21日(日)曇り時々晴れ
コース 大曲(65分)→諏峨守越(50分)→久住分かれ(25分)→中岳(40分)→避難小屋(20分)→扇ヶ鼻分岐(60分)→牧ノ戸峠
参加者      役務  CL=山中   会計=岸田・木本  記録=西尾
1班 山中 杉本 長岡 西尾 原田俊(SAC)
2班 山本 岸田 神 坂元 水廣(SAC)
3班 菱井 植田 植田 木本 藤森(SAC)
4班 原 早川 百合野 羽田野  市橋 宮元(SAC)
6:55 下関駅BTを出発。下関ICから高速に。
     真っ赤な朝日を眺めながら関門橋を渡る。
7:55〜8:10 おこしかけ道の駅にて休憩・買い物→
※耶馬渓→中津日田道路(8:45はなぐりトンネル)→四季彩ロード9:55 





長者原でトイレ休憩。
※牧ノ戸峠まで行く予定が道路凍結の為大曲Pまで。
10:25 大曲りを出発
大曲から沢を梯子で渡り登山道を林道へと登る
硫黄岳の匂いがする

ガれ場に下りて岩の間をすがもり越へ
雪が積もっているので歩きやすい
 
11:30〜11:35 すがもり越−6℃ 行動食を摂る
    風が強い為、体が冷えないように直ぐ出発する。
11:45 北千里に降り立つ。
     浅い水の流れに薄い氷が張っているので、    
     用心しながら渡る場所を探す。    
     遠くを見やれば硫黄岳の噴煙が青空に映えて美しい。 
     「自然を大切に守りましょう」と言う黄色い標識に従って進む。
12:25〜12:35 久住分かれに到着
    休憩と行動食を摂る。遠くにうっすらと阿蘇の山が見える。


12:50 御池・天狗ヶ城分岐。
12:50 御池・天狗ヶ城分岐。
      御池の氷結した氷の上でふざけ合う若者たち。
      見ていて羨ましい思いより、
      氷が割れるんじゃないかと心配が先に立つ
      アイゼンを着けていない私は凍った池の端の雪の積もった所を
      滑らないように歩いて行った。
13:00中岳山頂到着。
天気晴、記念撮影をしてから風を避けた場所で昼食。
「冬のこの時期に中岳に登れるなんて、気分は最高!」
と、メンバーの感激の声あり。
13:30  山頂出発。アイゼンを装着し、一面の霧氷を愛でながらも慎重に下って行く。
14:10〜14:20 久住分かれ小屋前にて休憩。 アイゼンを外す。
14:40 扇ヶ鼻・星生山分岐
      沓掛山の手前は雪解けでひどい泥んこ道でした。

沓掛山付近通過
15:40 牧ノ戸峠に到着。
16:05 出発
16:50 湯布院IC→豊前IC→R10→おこしかけ道の駅(17:45〜17:52)
18:46 下関ゆめタワーに到着。解散。皆様お疲れ様でした。
★今回は『霧氷』を思いっきり堪能した楽しい山旅となりました。