平成28年8月 夏山合宿同行 個人山行《北アルプス~槍ヶ岳・北穂高岳》
 

 入山日程

山域:長野県 槍ヶ岳・北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳

日程:平成28810()1830分下関 K2出発

815()1430分帰着

  テーマ:チャレンジ 大キレット

・参加者:播磨

・同行者:夏山合宿メンバー 宮元・市橋・羽田野

個人山行2名 森永ご夫妻
 <行程概要>
 

810日(水)快晴

1830 下関 K2~下関IC~山陽道~名神~中央道~松本IC

811日(木)快晴

910沢渡第2駐車場~乗り合いタクシー~945 上高地バスターミナル 10101330
横尾1400キャンプ場受付・テント設営 1609分岐…1633槍見台…1655横尾
 

812日(金)晴・午後霧

330起床・朝食・準備・テント撤収~500出発…613槍沢ロッジ…638槍沢キャンプ場…
659水俣乗越分岐…808水場…842播隆窟…908殺生ヒュッテ分岐…940槍ヶ岳山荘…
10
00槍の肩…1032槍ヶ岳山頂…1105槍の肩11101153大喰岳…1215中岳…
1346南岳…1405南岳山荘

813日(土)晴・時々霧

345起床500出発…703A沢のコル…729飛騨泣き通過…805北穂高山荘…825北穂高岳…北穂高山荘9161055涸沢岳…1113穂高岳山荘…1152奥穂高岳…1222穂高岳山荘13321345涸沢山荘…1610横尾

 

814日(日)晴

502起床・朝食・撤収654出発…801徳沢キャンプ場…814明神分岐…858明神橋…943河原でテント干し…
1043河童橋…1205ウェンストン碑…上高地温泉ホテル絵画展鑑賞12201228田代橋…
1248上高地バスターミナル…乗り合いタクシー~沢渡第2駐車場~沢渡温泉~
1640あさひプライム野俣林間キャンプ場
 
 

815日(月)くもり一時雨時々晴れ

200起床・撤収245出発~塩尻IC~下関IC~1430下関K2
 <記録> 
 

 プロローグ:「大キレット」地図には「大切戸」とも。博多弁なら「おお、切れと~」か?

北アルプスの槍ヶ岳から穂高連峰への大キレットという難所を越えるルートは、
憧れであり目標の山の一つであった。
しかし、今年の夏山合宿には、一に日程の都合、二に自分の技術・体力という問題がはだかり、
見送る気持ちが濃かった。
ところが、今年は811日から17日まで職場が完全に休み、閉館になるという。
これは「行け」ということか。ともかくチャンスである。

6月に戸ノ上山~足立山を10㎏の水を入れたザックで三回ボッカした結果、
テント泊装備で大キレットを歩くのは無理と判断。
あれこれ考えた結果、小屋泊まりで夏山合宿本隊と同ルートをとることにした。

 

810

八月の午後六時はまだ日が高い。
オレンジの日差しの中を、暑さとザックの重さと不安でブルーになりながら集合場所へ向かった。
K2の前には大きなザックが二つ。
扉を開けると、市橋さん、森永さんご夫妻の朗らかな声に迎えられ、一気に気分が上がる。
宮元さん、車をとってきてくれた羽田野さんとメンバーが揃い、いざ出発だ。
十人乗りの車はゆったりとして、運転はたいへんだったことと申し訳なく思うが、
長い道中を快適に過ごすことができた。

8月11

この日は今年から施行された「山の日」、上高地では記念のイベントが行われるという。
道々には、警察が随所に立っていて、なかなか厳重な警戒態勢のようだった。
足止めをくわないか心配したが、とくに問題なく沢渡第二駐車場に到着し、
10人乗りのタクシーに相乗りして上高地バスターミナルへ入った。

 
   
 記念式典の来賓は皇太子ご夫妻、松本空港からヘリコプターで来場されたそうだ。
ちょうど皇太子のスピーチが始まるところで、モニターテレビの前に人がたくさん集まっていた。
スピーチが終わるのを待って出発したのは10時ちょっと過ぎ、
ほぼフラットな道を、上高地の風景を楽しみながら歩いた。
軽装の観光客と大きなザックの登山者が入り混じって、挨拶したものか迷う感じだった。
   
 

先頭を行く市橋さんのスピードは速く、徳沢で軽く食事をとった以外はほぼノンストップで、
予定より早く1330分に横尾に到着した。

 
   

 槍沢キャンプ場まで進む本隊3名を見送り、キャンプ場の受付で手続きをした。
一泊700円。トイレ使用料を含み、水は無料。

 テント場は、北側と南側二つのエリアがあり、双方見てみて、北側の通路近くに決めた。
南側のほうが人気があるようで、だいぶん場所が埋まっていた。

 宮元さんにお借りした一人用テントを設営していると、森永さんが通りかかり声をかけてくださった。
森永さんご夫妻は南側のほうで、もうテントの設営がすんだそうだ。
テントの設営が終わると、持病のようになった「山入り初日頭痛」が起こり、横になって二時間ほど寝た。

 
 

 目を覚ますと、午後4時。
ちょっと歩いた方がいいかも、と槍見台をめざした。
常念岳~蝶が岳の稜線へ続く分岐から三十分ほど登ったところ、振り返ると確かに槍が見える!

 
 

写真を撮って横尾に戻ると、午後5時。
夕食は、アルファ米にゆかりとすりごまを混ぜたごはん、レトルトの豆と野菜のスープ、レタスとわかめの和えもの。 片づけをすませて、午後6時半ごろには寝てしまった。

 
 

812

 3時半起床。湯を沸かして、昨夜の残りのアルファ米混ぜご飯と味噌汁、お茶、コーヒー等の朝食をとった。
片づけてテントを撤収、4時半には受付が開くので、テントや寝袋など置いていく荷物を預けた。
荷物預かりは一日500円、二日分千円を支払う。5時出発。

  
 

 人少なくフラットな森の道を歩くのは気分がよい。
何しろ、小屋泊まり装備なので荷が軽い。と思っていたが、次第に山道らしい上り傾斜になり、
日差しを遮る木がなくなると、しんどくなってきた。

 目をあげれば岩と岩山とその向こうに高い青空、アルプスらしい景色だ。
殺生ヒュッテとの分岐を過ぎたあたりで、先のほうに本隊三名を見つけた。
歩荷とはよくいったもの。遠くから見ると、荷物が歩いているようだ。

 
播隆窟
 
 

940分、槍ヶ岳山荘到着。
穂先を見ると、それほど混んでいなかった。ヘルメットを装着して、ちょっとどきどきしながら上り始めた。
はしごのところでは、一人ずつを守っているので待ち時間ができる。
この日は、山荘の荷揚げで、次から次へと搬送のヘリコプターが飛んできては去っていく。
てきぱきとした作業だ。山の景色とともにゆっくり眺めることができた。

 
 最後の長いはしご、二段を登って山頂到着、順番待ちに並んで写真撮影。
 大喰岳
 
 

 午後は少しガスがかかり出して、少々不安になって急いだが、予定より早く14時過ぎに南岳山荘に到着した。
中へ入ると、すでにたくさんの人がいて、宿泊の受付手続きには列ができていた。

 大キレットを眺めてみて無理そうだったら降りようと思っていたが、あいにくのガスで全く見えない。
天気予報を確認すると、今のところ雨も風もなさそう。観念して宿泊手続きをした。
素泊まり6500円。
二階へ案内され、二段ベッドの下段の一人分スペースをあてがわれた。
予約をしていればすぐに入れるが、予約をしていない人は部屋割りが決まるまで待つよう指示されていた。
小規模な小屋なので、繁忙期は予約を入れた方がよい。
水は受付時に500mlのペットボトルをもらい、それ以外は1ℓ100円で購入する。
宿泊者以外は1ℓ200円。

 土間のテーブルが自炊スペースで、そこ以外は火の使用禁止である。
湯を沸かして、コーヒーと行動食でおやつをとり、本棚にたくさんある漫画や文庫本などのなかから
『二0世紀少年』を選んで時間をつぶした。

 
 
 

夕食はテント泊の本隊のところでおじゃまして、前日と同様アルファ米ご飯、レトルトスープ(この日はかぼちゃ)、
レタスとわかめの和え物。

 午後はずっとガスがかかって夕日は見られそうにないと残念に思っていたが、
小屋の窓から月が見えたので外に出てみた。
執念深く待っていると、時折ガスが切れて目指す北穂高岳が見えた。
 

813

345分起床。準備をして、朝食をとった。
トイレはテント場と共用で、長い列ができる。
女子用、男子用の割り振りを効率的に行うとだいぶん軽減されるようだ。

天気は晴れ、風もなく、体調もよい。
大キレットを回避する理由は何もなかった。山岳会合宿本隊と一緒に5時出発。
雲海と朝日の眺めが素晴らしい。
山荘から徒歩5分の常念平には、朝日を撮影する人々のシルエットが見えた。

 
 
 本隊についていこうとしていたところ、市橋さんから「せっかく個人山行なのだから、
一人で行けるところまでいってみたら」と背中を押してもらい、そうすることにした。
いざとなったら、後ろに味方がいる。
というか、ひとりで冒険に出る子を保護者が見守っているような、まるで「はじめてのおつかい」である。
 

南岳からの下りに入ると、がれた急斜面でさっそく手強い。
前を行くのは、小学生くらいの女の子二人と両親のファミリーだ。
お父さんが、子ども達に適宜注意したり指示を与えたりしており、この後をついていくことに決める。
家族登山の雰囲気に、いくばくか緊張が和らぐのであった。

南岳からの長いはしごを下るとしばらくは穏かな稜線歩きと思いきや、なかなか緊張を解くまもないうちに、
キレットに入っていたらしい。
長谷川ピークはけっこう不意打ちだった。
前を行く女の子は、「えー、こんなとこいやや~。落ちたら死ぬやん」とか言いながらも
足の置き場を指示するお父さんにしたがって難所を越えていく。
「ほんと、落ちたら死ぬやん」と共感しながらなんとか通過。
 
  ファミリーが休憩をとったので、先に行くことにした。
前に人がいないと不安ではあったが、岩にペンキの○×指示がしっかりあり、
気をつけていれば道を誤る心配はない。
 一番恐れていた「飛騨泣き」は、太い鎖としっかりした金具の足場があり泣かずにすんだ。
ただ、足元手元を見るのに必死で、「すぱっと切れた」眼下の景色は見ていない。
 
 
 北穂高の急な登りを登って登って登って、出発から約3時間後、山荘に到着した。
     
      
 

聞きしにたがわず、北穂高山荘からの眺めは最高だった。
本隊を待って一時間ほど過ごしたが、まだ午前9時。もう少し先へいってみようか。

 勝手な予定変更は勘当ものかも、と思いつつ奥穂高方面へ向かってみることにした。
涸沢への分岐で、向こうからくる方に「涸沢岳の危険箇所ってどんな感じですか」と聞いたところ、
はしごとか鎖とかがあるが(北穂高から奥穂高だと)登りになるので逆方向よりいいかも、とのこと。
登り基調ならOKだ。
     
 

穂高岳山荘についたのは11時過ぎ。
ちょっと迷ったが、せっかくなので奥穂高をめざした。
できるだけ時間を短縮したいので、ザックをおいて行くことにした。

 奥穂高も岩、また岩の山だった。
登りはじめが急で、いきなりはしごの二段構え、両手両足を使っての登りが続くがしだいに傾斜がゆるくなり、
山頂の祠に出た。すっかりガスがかかって展望もないので、写真を撮ってすぐに引き返した。
       
 
穂高山荘
 
 

 穂高岳山荘前はにぎわっており、昼食のカレーライスがおいしそうだったが
「明日の夜はカレーライス」と言い聞かせて「ザイテングラートを経て涸沢へ」の標識方面へすすんだ。
「ザイテングラート」はドイツ語で、側面にのびる岩尾根らしい。「財天蔵跡」と漢字をあててみる。

涸沢キャンプ場が視界に入ってからも、なかなか遠かった。
岩畳の道をひたすらくだるので、足がつらい。
広々とした眺めは素晴らしく、イワギキョウ、チシマギキョウなどの花やチングルマの綿毛も楽しませてくれるが、
時間がおしているのでゆっくり眺める余裕もない。
           
 

涸沢についたのは午後2時頃、涸沢ヒュッテで水を補給し、一気に500ml飲んでしまた。
横尾への道がわからず、長野県警の方に尋ねると「今から横尾ですか。
(時計を見て)ぎりぎりですね。」といわれたので「ええ、ぎりぎりですね」と返しつつ、少々あせる。
道に迷いさえしなければ問題ないのだが、こんなところで迷うようなら…。

さいわい、入り口さえわかればあとは迷うところもなかった。
涸沢へ登ってくる人たちも多く、登りはつらそうだ。でも、下り続きの下りもつらい。
大きなザックを背負った若者グループにどんどん追い越された。
追い越されるのはいいけれど、キャンプ場の場所確保が不安になった。

       
 次第に周りが樹林帯となり、何だかほっとして
晩御飯のことなど考えだしたところ、つまずいて大きく4、5歩ほどよろめいた。
何とか踏みとどまったけれど、転んだら大けがもしかねない。
難所よりも難所を過ぎてからの方が危ないとは常々聞くし、
自戒していたのだけれどそれでも、と緊張感を維持することの難しさを感じた。
         
 

午後45分、ようやく横尾に到着、まずテントの場所取りをする。
いすとテーブルになりそうな石を見つけて、そこを一夜の住処と決めた。

この夜、寝袋に入って目を閉じると、岩につけられたペンキの○や×が目の裏に映り、
それをたどって岩場を渡る感覚が夢うつつの中で続いた。

       
 

814

 5時起床。朝食、片づけ、テントを撤収して、7時少し前に出発。
上高地バスターミナルでの集合時間にはたっぷり余裕があるので、ゆっくり歩く。
後ろからくる人に次々と追い越された。登ってくる人も絶え間なく、街中の通勤時間帯並みだ。

 行きがけは下りてくる人がうらやましく、「早く下りて温泉に入りたい」などと不埒なことを考えたりしたものだが、
今度は今から山に入る人がうらやましい。 
 
       
 

景色や花を眺めたり、

       
 

ザックを降ろしてぼーっとしたり、

       
       
 

サルを見たり、河原でテントを干したり、

 
       
 

上高地温泉ホテルで「山岳画十人展」を鑑賞したり、公園で昼食をとったり。

寄り道寄り道しながら上高地バスターミナルについたのは1248分。
横尾を出てから6時間近くもかかっていた。
 
 

エピローグ:皆さま、ありがとうございました。