下関山岳会 令和2年2月記録 伯耆大山(川床-矢筈ヶ山)

 
 令和2年2月22日、23日
 ・参加者:6名 宮森(CL担当)、市橋(食料)、田村(車)小林(会計)、羽田野k(記録
 ・主要行程 (山中1泊 大休避難小屋)      
   21日(金)下関 IC1900…松江道米子東IC…FKN000泊 【車500
    22日(土)910大山寺駐車場スキー場川床岩伏分れ…1550大休避難小屋(小屋泊)【640
    23日(日)710大休デポ…845矢筈ヶ山…1100大休小屋回収川床…1520大山寺P【810
       (市橋、田村2名は大休から川床へ)
    24日(月) 米子自動車道~蒜山風の家中国道…1500下関IC【車630
2/22(土)雨のちくもり 
   数日前の寒波でようやく大山にも雪が積もったとの事。
   期待とは裏腹に、朝からあいにくの雨で情報館にて天候が良くなるまで
   しばらく待つことにしました。天気予報では春の嵐とか。 
 
8:22風が強く ~ 900いざ出発           10:05ワカンを装着
 とても風が強く、外では登山客のザックカバーがビューッと吹き飛ばされていました。
少し風が落ち着いてきたので小雨でしたが900いざ出発。
スキー場を横断し、登山道に入るところで30センチは埋まってきたので
ワカンを装着。湿った雪がとにかく重い。
 
11:14 川床の橋                    13:07 樹林は幻想的なモノクロの世界
  川床の橋は完全に出ていました。
 急斜面を登り切ると辺りはガスに包まれて
樹林は幻想的なモノクロの世界になりました。
 ビュービューと風が吹き付けてきますが、気温はさほど低くないようでした。
  岩伏せ分かれで12人のパーティに出あう。こちらも大休避難小屋で宿泊予定だそうだ。
 緩やかな登山道だが重い雪に足を取られるも、ワカンで歩ける事を楽しんだ。
 昼を過ぎる頃には青空に映える甲ヶ山、矢筈の稜線が見え始め元気をもらいました。
 
13:46  岩伏せ分かれ                    15:48大休避難小屋着
大休避難小屋にてすき焼きと山談義。2000就寝。
一晩中風が吹いており、時おりバラバラと雪が屋根を叩いていました。
2/23(日)くもりのち晴れ
     キンと冷えた朝。雪は締まっている。
     宮森、小林、FKN、羽田野の4名はA隊とし矢筈ヶ山をピストンするため先に出発。 
 (あとから市橋、田村2名のB隊は小屋を掃除して来た道を下山する。
 
1300前には大山寺駐車場に着いたとの事。スキー客で駐車場は混雑していたそうだ。
 さて、A隊。小屋から急登が始まる。
 
 7:13 小屋から急登                        7:46東へ登攀
 1300mピークまできっちりと東へ登攀する。
 ブッシュをかき分けながらの直登だ。雪が締まっていないと無理な感じがした。
 矢筈ヶ山までの稜線は風が強く、ガスであまり良く見えない。
 灌木に赤い実たくさんついていたが、キャラボクではないそうだ。 

8:27 矢筈ヶ山までの稜線は風が強             8:48矢筈ヶ山山頂
 848矢筈ヶ山山頂。標識は雪に埋もれている。
 先に出発した12人パーティが山頂に留まっている。
 甲ヶ山ルートを変更し、矢筈の北西尾根から甲川渡渉地点までいくようにしたとのこと。
 恐らく小矢筈まで偵察して時間がかかったのだろう。
 山でこのようなパーティに出会う事はとても刺激になりました。
 山頂は寒いのですぐに引き返し、さっきの直登コースを下るのは嫌なので
 ゆっくりと樹林を斜めにトラバースしていきました。
 尾根をまちがえないよう、この地を熟知しているFKN氏にアドバイスをいただきながら
 しばらく進むと先ほどのトレースにぶつかりました。
 誰も通っていない雪を踏みながらのルート探しは少し面白かったです。
 雪山の醍醐味を少しだけ味わうことが出来ました。  
 
 10:59 大休避難小屋             13:00                     
 大休避難小屋で大休憩し荷物を回収して1100に再出発。
 
13:25 川床                        15:01スキー場
 川床までは早く着いた気がしましたが、スキー場が見えてからは長く感じました。
 ごった返すスキー客の中をポツポツと横切り、振り返るとスキー場の先に
 三鈷峰が輝いていました。
 【感想】 記録的な暖冬の影響で、大山でさえも雪が降っては消え、降っては消えしていたそうです。
     
数日前の寒波で雪もまとまって残ってくれており、みんなの日頃の行いが良かったかなと。
     
久しぶりにワカンもはいて、アイゼンもはいて、しっかりと雪山を堪能できました。